2018/11/27(火)チーム

【NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD】表彰式に岸孝之選手・則本昂大選手・田中和基選手が出席しました

本日11月27日(火)、東京都内で2018年度のプロ野球年間表彰式である「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」表彰式が開催され、楽天イーグルスから岸孝之選手が「最優秀防御率投手賞」、則本昂大選手が「最多三振奪取投手賞」、田中和基選手が「最優秀新人賞」を受賞しました!

また、イースタン・リーグでは小野郁選手が最多セーブ投手賞、西巻賢二選手が優秀選手賞を受賞しました。

岸 孝之選手 コメント

パ・リーグのすごいバッターがいる中で防御率のタイトルを獲れたのはすごく嬉しいです。
縁のないものだと思っていたので、獲りたいとは思っていましたけど、無理だと思っていたので二度とない受賞ですね。笑
嶋のリードに応えよう、応えたいと思って投げてこういう数字が残った訳ですから、良い時も悪い時も信頼して、信用して投げてきたので嶋に感謝したいです。

則本 昂大選手 コメント

1年間やってきて良かったなと思いますし、タイトルを獲れたことは良かったですけど、それ以外は全然駄目なので、来年に向けてしっかりとやっていきたいです。
1年間投げ抜かないことにはタイトル争いはできないので、1年間投げ抜けるようにしっかり体作りをしていきたいと思います。

田中 和基選手 コメント

正直、自分が獲れるとは思っていなかったので、素直に嬉しいです。
今年はシーズン中盤まではこの新人王というものを全然意識していませんでした。
シーズン終盤になると、新人王を意識して少し数字との闘いになって、結果が思うように残せませんでした。
(新人王を)獲れた要因は、シーズン中盤までの良い結果だと思うので、明日も試合に出たい、明日も試合に出たいという気持ちが今シーズン頑張れたところかなと思います。
来年もこの賞をいただいたことに恥じない活躍ができるよう頑張りたいです。

その他 会場の様子

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる