2018/11/05(月)チーム

橋本到選手の入団記者会見に関して

本日11月5日(月)、橋本到選手の入団記者会見を行いました。
入団記者会見の模様を以下の通りご紹介いたします。

平石監督 コメント

巨人から橋本到選手を獲得することができました。
今シーズンは彼にとって怪我もあり不本意なシーズンだったと思いますが、もともと彼のプレーを見ていまして、足が速く肩も強い、守備もいいですし、打つほうも力を持っていますので、地元仙台でイーグルスの一員となって、本気でレギュラーを獲りにきてほしいと思っています。

橋本 到選手 コメント

今年は怪我でほとんど実績もなにも残していない僕を必要として獲ってくださった楽天イーグルス、平石監督、そしてそのような機会を与えてくださった巨人には感謝しています。
これから地元で野球ができるという幸せを感じながら、来シーズン楽天イーグルスのために精一杯プレーしていきたいと思います。

会見コメント

記者:
楽天イーグルスのユニフォームに袖を通した感想を教えてください。
橋本選手:
いつかは地元で野球がしたいという思いがあり、それが実現したので身が引き締まる思いです。二軍での対戦が多かったのですが、楽天イーグルスと闘うときはイースタンのチームの中でも一番やりづらい相手だなと感じていましたし、そのような野球を僕も継承して、チームの流れに乗り遅れないように頑張りたいと思います。

記者:
これまでの環境とは異なり、故郷で野球をすることへの喜び、期待感を教えてください。
橋本選手:
プロ野球選手としてどこで野球をするにしても同じ気持ちでプレーしなければいけないのは必要なことですが、巨人時代も仙台でプレーするときはいつもより気合いが入っていましたし、そこが自分のホームグラウンドになって野球ができるということで、巨人で経験してきたことも活かして、さらなる高みを目指して地元で頑張りたいと思います。

記者:
熾烈な外野手のレギュラー争いになると思いますが、意気込みを聞かせてください。
橋本選手:
巨人で10年間プレーをさせていただき、その10年間は僕にとって悔しい、苦しい思いばかりでした。その思いを楽天イーグルスで最大限に爆発させて、チームの中では年齢が上のほうですが、もう一度一から頑張るという気持ちで、手にすることができなかったレギュラーの座をつかめるように頑張っていきたいです。

記者:
平石監督あるいは石井GMからお話されたことはありますか。
橋本選手:
今シーズンは怪我で思うように野球ができなかったのでそこを一番に心配してくださっていましたが、僕自身もそのような言葉に甘えるのではなく、自分自身をしっかり見つめ直して、ドラフト1位の辰己選手が入ってきますが、負けないように、ハツラツとしたプレーができるようにこのオフを過ごしていきたいと思います。

記者:
地元仙台に戻ってきて、最初にプライベートでやりたいことはありますか。
橋本選手:
まずは今日牛タンを食べたのでひとつクリアしましたが、仙台育英時代にお世話になった佐々木監督が(福島県の)学法石川に移られるということで、まずはお世話になった方々に挨拶したいという思いがあります。

記者:
平石監督にお伺いします。改めて橋本選手に対する期待感を教えてください。
平石監督:
地元のチームでプレーできるというのはなかなかあることではないので、これまで巨人の選手として素晴らしいプレーを見せてくれていましたが、これから新たに、まだ年齢も来年29ということでまだまだここからです。一番脂も乗っていい時期かと思います。能力が高いのは分かっています。その部分を最大限に出してレギュラー争いに加わってほしいと思います。
バックアップにいて心強いのは知っていますので、レギュラーを獲ってほしいと思います。

記者:
監督と選手が2人揃って会見に臨むのはなかなかないことですので、ぜひ監督から橋本選手に(この場で)メッセージをお願いします。
平石監督:
実は球場で話す機会が結構ありましたが、純粋に期待しています。本当に頑張ってほしいと思います。

記者:
橋本選手、ただいまの平石監督からの言葉を受けて一言お願いします。
橋本選手:
まだ年齢はお若いのですが監督をされているということで、すごく人望があり信頼の厚い方だと思いますし、何よりハンサムなので羨ましいという思いもありますが、なんとか平石監督を胴上げできるように全力で頑張りたいと思います。

橋本到選手からのメッセージ

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる