2021/08/20(金)ろっけん

秋田県大仙市とスポーツ交流活動等に関するパートナー協定を締結しました。

8月20日(金)、秋田県の自治体としては初となる、秋田県大仙市と「スポーツ交流活動パートナー協定」を締結しました。
この協定は、野球を中心としたスポーツ交流活動を通じて、大仙市のスポーツ振興と青少年の健全な育成を図ることを目的としています。
協定締結の一環として、大仙市総合公園野球場の愛称が「楽天イーグルス 大曲の花火球場」と決まり、新しく設置された看板がお披露目されました。

主な連携事業
  1. 楽天野球団が実施する試合興行及び地域貢献活動への支援に関すること
  2. 楽天野球団と大仙市住民との交流活動への支援に関すること
  3. 青少年の健全育成に向けた取り組みをすること
  4. 相互間のPR活動 など
締結式参加者
  • 大仙市長 老松 博行 様
  • 大仙副市長 佐藤 芳彦 様
  • 大仙副市長 西山 光博 様
  • 株式会社楽天野球団 総合企画部長 江副 翠

大仙市内で交流活動等を実施することにより、秋田県および大仙市から全国へ元気を発信するために、お互いをパートナーとして連携・協力していくことを確認しました。

ろっけん一覧へもどる ニュース一覧へもどる