2021/07/23(金)その他

【最新作】EAGLES MAGAZINE WEB 7月号リリース!

「EAGLES MAGAZINE WEB(イーグルスマガジン・ウェブ)」7月号発売!
「EAGLES MAGAZINE WEB(通称:EマガWEB)」は、選手やチームスタッフなど3名の独占インタビュー、オフィシャルフォトグラファーのダイナミックな写真で振り返る直近1ヶ月のゲームハイライト、球団職員がお届けするちょっとした裏話コラムなど、読み応えのあるコンテンツをコンパクトに詰め込んだ月刊の球団公式WEBマガジンです。

7月号では、入団2年目で初のオールスター出場(監督推薦)を果たした小深田大翔選手、先発の一角として前半戦5勝をマークしている瀧中選手、そして昨年選手を引退し今年からコーチとしてチームを支える渡辺直人一軍打撃コーチのインタビューをお届け!
「EAGLES MAGAZINE WEB」は、単品でも毎月ご購読いただけるほか、お得な年間購読プランならバックナンバーもご覧いただけます。ぜひ今月もEマガWEBを読んで、楽天イーグルス"ツウ"になろう!

EAGLES MAGAZINE WEB概要

商品名 「EAGLES MAGAZINE WEB」
更新頻度 毎月20日~25日の間に当月号が公開になり、オフシーズンに関わらず12ヶ月間毎月更新いたします。
販売場所 楽天イーグルス サブスクショップ
購読方法 以下いずれかの方法でお楽しみいただけます。

(1)「わしほーだいマニア」にお申し込み

月額プラン 1,100円/月
年間プラン 11,000円/年申し込みから12ヶ月間お楽しみいただけます。

わしほーだいマニアとは?

「EAGLES MAGAZINE WEB」以外のコラムやLIVE配信、マニアックデータなど全てのコンテンツを楽しみ放題のパッケージプランです。

(2)単品の「EAGLES MAGAZINE WEB」にお申し込み

月額プラン 330円/月
年額プラン 2,200円/年
  • 申し込みから12ヶ月間お楽しみいただけます。
  • 年額プラン利用中に「プラン停止」をされますと、その時点から年額プラン期間内であってもコンテンツの閲覧ができなくなります。また誤って操作された場合も、残り期間分の返金等はございません。「プラン停止」操作をされる場合には十分ご注意ください。

【注目】「EAGLES MAGAZINE WEB 年額プラン」ならバックナンバーも閲覧OK!

「わしほーだいマニア(月額・年額)」または「EAGLES MAGAZINE WEB 月額プラン」ご利用中のお客様はお申込み期間内に更新された最新号のみ購読可能ですが、「EAGLES MAGAZINE WEB 年額プラン」お申込みのお客様はお申込月を問わず、インタビューやハイライトコンテンツのバックナンバーもお楽しみいただけます。

お申し込み開始時期を問わず、バックナンバーは同年の2月~翌年1月分を公開いたします。(但し2021年は3月号~公開)
翌年2月になりましたら、前年の内容はリセットいたします。予めご了承ください。

TEAM EAGLESメンバーの皆さまは「EAGLES MAGAZINE WEB 年額プラン」が1年目半額!

対象 TEAM EAGLES 2021メンバー
対象期間 2021年12月31日(金)までのお申し込み分

割引適用方法

  1. 楽天イーグルスサブスクショップの申し込みページから「EAGLES MAGAZINE WEB 年額プラン」をカートに入れる
  2. 購入ステップに進む際に出てくる楽天ログイン画面で、TEAM EAGLESの入会時に使用した楽天IDでログイン 異なるIDでの購入では割引が適用されません。
  3. 購入方法を選択する画面で、クーポン入力画面に表示されている「EAGLES MAGAZINE WEB半額」クーポンを選択 ※金額が半額に反映されていることをご確認ください。
  • 事務局でお申し込み完了後に半額反映はできかねます。必ず上記手順をご確認の上、お客様の責任の下、操作を行ってください。
  • 半額適用は年額プランのみです。また、2年目以降継続いただいた場合は定額になります。

サブスクショップへ行く

※対象プランを購入済みの方はEAGLES MAGAZINE WEBコーナーのサムネイルをクリックしてすぐ購読できます。

「EAGLES MAGAZINE WEB」7月号内容

選手インタビューコラム

  1. #0 小深田大翔
    ースタメンで試合に出られないことへの悔しさがあった。「次にスタメンで出たら、必ず結果を残す」。そういう気持ちが湧いてきたことが大きかった。
  2. #57 瀧中瞭太
    ーやるべきことをやった結果、残れるか、残れないか。自分は評価される立場。そこにプレッシャーはない。
  3. #74 渡辺直人 (一軍打撃コーチ)
    ー「上手くなりたい」とか「勝ちたい」とか、選手のときと同じような気持ちで戦っているので、指導をしている感覚はあまりない。

写真で振り返るゲームハイライト(6・7月)

裏話コラム「花火大会のほろ苦い記憶」

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる