2018/08/06(月)イベント

【8/14(火)・15(水)】こどものための舞台芸術見本市「にこらかくらフェスティバル2018」開催!

8月14日(火)・15日(水)、スマイルグリコパークで「にこらかくらフェスティバル2018」を開催いたします!
アートと子どもをつなぐアウトリサーチの祭典。親子で楽しめる、出会いと体験の広場です。芸術にふれると、日常ではあまり意識することのなかった感覚や、新しい自分に出会えます。
スマイルグリコパークでアーティストたちが演じ、歌い、舞い踊る!
毎時0分には何かが起こる!?アートとこどもが出会う2日間。みんなで遊びにLet's go!

にこらかくらフェスティバル2018(こどものための舞台芸術見本市)とは

2016年から宮城県内で開催されている、こどものためのアウトリサーチプログラムを紹介するフェスティバルです。
演劇、ダンス、音楽、マジック、大道芸など、日頃地元のアーティストたちによって行われているプログラムが上演されます。観たり、体験、することはもちろん、アウトリーチ実施のための相談ブースや、セミナーなども企画され、子ども達と芸術だけでなく、実施や芸術団体、自治体や企業とも繫がる場を創出し、宮城県内でのアウトリーチ活動を振興していくことを目的としています。

アウトリーチとは

アウトリーチ(Outreach)とは、もともと「手を伸ばすこと、手を伸ばした距離、(地域社会への)奉仕・福祉活動、(公的機関や奉仕団体の)現場出張サービス」という意味。アーティストが市民の生活の場に積極的に入り込むことによって、芸術に関心をもってもらおう!という市民、地域、企業などが連携して行う活動です。

にこらかくらとは

宮城県の方言で「にこにこ」の意。
子供たちが舞台芸術と触れ合うことで、笑顔溢れる広場にしたいという気持ちを込めています。

開催概要

日程 8月14日(火)・15日(水)10:00~17:00
場所 スマイルグリコパーク
内容
  • タイムシグナルパフォーマンス
  • なんでも相談ブース
  • じつえんショーケース
  • たいけんワークショップ
  • みんなで学ぼうセミナー
参加費 無料(申込不要)
参加アーティスト
  • 藤田善宏(CAT-A-TAC、コンドルズ)
  • おはようシアター
  • 劇団 短距離男道ミサイル
  • くみとさっこ
  • Atelier Beads Party
  • 仙台シアターラボ
  • てんたん人形劇場
  • ロクディム
  • 大沢佐智子
  • おどるなつこ ほか
対象
  • 子ども達に関わるお仕事をされている施設の職員・先生
  • 親御さん方、子ども達
  • アウトリーチ事業を実施している自治体
  • 子供たちとの活動を支援している、したい企業の方々
  • 県内でアウトリーチ事業を実施しているアーティスト、芸術団体
  • アウトリーチや子ども達への芸術体験に興味のある方
主催 みやぎ県民文化創造の祭典(芸術銀河)
企画・制作 ARCT
協力
  • 株式会社楽天野球団
  • boxes Inc
  • 株式会社nandary candary

タイムシグナルパフォーマンスとは

毎時0分の定刻に行う、数分間の参加型パフォーマンス。パーク全体で、皆さんと一緒にアーティストたちが時間を刻みます。

ARCTについて

ARCT(あるくと)は、震災からの復興を進める活動や対話の中で感じた、人々の表現力、想像力、再生力を信じ、日常の営みの中でアートが多様な価値を創造し、個人の生きる力と心の豊かさを得る事ができる存在であることの認識のもと、それらを繋ぐ担い手として設立されました。
これまでの既成概念にとらわれず、地域、ジャンル、立場を越えて、多様な人々がアートを楽しめる有機的なネットワーク環境を整備し、新しい縁や知をひらくことで、社会や文化に寄与することを目的とします。

主な参加アーティストプロフィール

藤田善宏(CAT-A-TAC、コンドルズ)

振付家、ダンサー、デザイナー。
近藤良平主宰のダンス集団「コンドルズ」に、96年の立ち上げから参加。その全作品の振付補佐を担当している。柔軟な発想と道具を使ったアイデアを得意とし、ひらめきの面白さを大切にする振付家。中性的な雰囲気をかもしつつ雄々しく舞う、強烈に人の心を掴む不思議な魅力を持つダンサー。
大塚愛のPV、矢井田瞳のPV、フジTV「かくし芸大会」、新日本プロレス永田裕志選手「ナガダンス」他、CMなど振付多数。

おはようシアター

子ども向け演劇プログラムの創造、実施を通して、子どもたちが舞台芸術に触れ、豊かな感性をはぐくみ、自らを表現する機会をつくる。子どもに関わる大人が子どもたちの個性や発想、創造性、自主性を尊重し、認める社会をつくることを目指す。

劇団 短距離男道ミサイル

震災後の仙台、そして日本を励ましたい、これからの復興に向け、自分たちにできることは何かないだろうか。そんな呼び掛けから在仙の若手俳優を中心に2011年4月に結成。仙台に、東北に、日本に活力を注入する「日本を代表する東北の劇団」を目標に、広く活動を展開している。CoRich 舞台芸術まつり!2017春にてグランプリ受賞。「走れタカシ~僕が福島まで走った理由(わけ)~」にて若手演出家コンクール2017 最優秀賞&観客賞をW受賞。

問い合わせ先

ARCT
TEL:070-4116-6174
MAIL:info@artc.jp
HP:http://arct.jp

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる