2020/01/29(水)イベント

TOHOKU BLUE 2020 ゲストプロデューサーに箭内 道彦さんが就任!

この度、2020シーズンのTOHOKU BLUE SERIESを一緒に盛り上げていただくべく、福島県郡山市出身のクリエイティブディレクター箭内道彦さんに「TOHOKU BLUE 2020ゲストプロデューサー」を務めていただくことが決定いたしました!
プロデューサーの箭内さんには、「東北」への想いを込めて、TOHOKU BLUE 2020のキービジュアル(TOHOKU BLUE SERIES特設サイトのグラフィック)を手掛けていただいたほか、6月19日(金)~7月5日(日)に開催されるTOHOKU BLUE SERIES期間中の場内演出や、5月17日(日)、7月5日(日)の試合後に開催されるスペシャルライブをプロデュースいただきます!お楽しみに!

スペシャルライブ出演アーティストは決まり次第発表いたします。

箭内 道彦さん プロフィール

生年月日 1964年4月10日
出身地 福島県 郡山市
活動
  • クリエイティブディレクター
  • 福島県クリエイティブディレクター
  • 東京2020NIPPONフェスティバルテーマ「東北復興」クリエイティブディレクター
  • ロックバンド 猪苗代湖ズ ギタリスト
  • 東京藝術大学美術学部デザイン科教授

箭内 道彦さん コメント

TOHOKU BLUEの源は、東北の澄んだ空の青。黄金色の鷲の舞う、奥羽山脈の遥か。
「東北に、楽天イーグルスあり。」ファンの皆さん、選手の皆さん、そして東北の皆さんがTOHOKU BLUEのもと、思いと力を強く優しく重ねることができるようなそんなアイデアを、プロデューサーとして、皆さんと一緒に形にしていきたいと考えています。

TOHOKU BLUE 2020キービジュアル

箭内道彦さんが手がけたキービジュアルは今後、TOHOKU BLUE関連のポスターや広告などに展開予定です。

クリエイティブディレクション&コピー:箭内道彦
イラストレーション&デザイン:高田潤

キービジュアル コンセプト

【東北の青空に、楽天イーグルス。】

楽天イーグルスの選手たちが仰ぐ空は、
東北の人々が見上げる、美しい空。
東北を、ひとつに繋ぐ、青い空。
それぞれがそれぞれに、熱い思いを抱いて。

その空に豊かに広がる白い雲が、
偶然象った、
羽ばたく犬鷲のシルエット。

WELCOME.
心地良い風が、今日も吹いています。

イベント一覧へもどる ニュース一覧へもどる