2018/06/07(木)第3回戦

巨人 vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 4 0 0 0 0 1 0 5 7 0
  読売ジャイアンツ 0 2 0 1 0 0 1 0 0 4 6 0

18:00試合開始|東京ドーム
第3回戦 2勝1敗0分|観客数:43,820人

藤田選手 ヒーローインタビュー

記者:見事な勝ち越しホームラン、藤田選手です。最高の場面での一発でしたね。
藤田選手:僕もファウルなのかホームランなのか分からなかったので、ビデオ判定で覆って良かったです。

記者:その一打、打った瞬間の感触などはいかがでしたか。
藤田選手:打った瞬間は良いかなと思ったのですが、(ホームランかファウルか)どちらか分からないなという感じだったので、(審判のジャッジが)ファウルとなった瞬間に「持ってないな」という気持ちはありましたが、監督がすぐに出てきてくれてビデオ判定して下さり、判定が覆って良かったです。

記者:リプレイ検証の間はどのような思いで待っていましたか。
藤田選手:あまりホームランを打つバッターではないので、「お願いします」という気持ちで待っていました。

記者:今シーズンの第1号は代打で非常に良い場面での一発でしたし、今日の今シーズン2本目も貴重な勝利に繋がる(ホームランで)、勝負強さを見せましたね。
藤田選手:岸選手が魂のこもったピッチングをしてくれていたので、何とか勝ちを付けてあげたいなと(思っていましたが)、それが一番良い結果に繋がって良かったと思います。

記者:改めてあの瞬間、同点で迎えた8回1ストライクからの2球目。どのような心境、どのような一瞬でしたか。
藤田選手:ホームランはないと思っていたので、自分でもびっくりしています。

記者:ただその一発が勝利に繋がり、そしてチームに勢いをもたらしました。連敗を読売ジャイアンツ戦で止めて勝ち越しに成功、さあこの後の交流戦の後半に向けて一言お願いします。
藤田選手:まだまだ借金はありますが、一つずつチーム一丸となって、この交流戦を勝ち越したいと思います。