CLIMAX SERIES

2019 パーソル クライマックスシリーズ パ

1ST STAGE

パ・リーグ2位

VS.

パ・リーグ3位

10.5[土]

福岡ソフトバンク戦
@ヤフオクドーム

HAWKS 3 - 5 EAGLES

101 010 101 5
120 000 000 3
責任投手 則本 (1勝0敗0S) 千賀 (0勝1敗0S) 松井 (0勝0敗1S)
本塁打 E:浅村1号ソロ(1回・千賀)、オコエ1号ソロ(3回・千賀)、浅村2号ソロ(5回・千賀)、茂木1号ソロ(7回・千賀)
H:今宮1号ソロ(1回・則本)、内川聖一1号2ラン(2回・則本)
試合詳細

浅村選手2HR!茂木選手が決勝HR!エース対決を制し1stステージ白星発進! イーグルス則本選手、ホークス千賀選手、両エースの先発で始まった試合でしたが、初回から点が動きます。浅村選手のソロHRでイーグルスが先制しますが、その裏にホークス今宮選手にソロHRを浴び同点に。その後一度はホークス内川選手のHRで2点を勝ち越されましたが、イーグルスもオコエ選手、浅村選手のソロHRで再び同点とします。そして迎えた7回、茂木選手が左中間へソロHRを放ち、ついに勝ち越し!則本選手の後を受けたリリーフ陣もホークス打線の反撃を封じ、大事な1stステージ初戦に勝利しました。

10.6[日]

福岡ソフトバンク戦
@ヤフオクドーム

HAWKS 6 - 4 EAGLES

101 200 000 4
103 110 00x 6
責任投手 嘉弥真(1勝0敗0S) 美馬 (0勝1敗0S) 森 (0勝0敗1S)
本塁打 E:浅村3号ソロ(3回・バンデンハーク)
H:柳田1号ソロ(1回・美馬)、デスパイネ1号2ラン(3回・美馬)、福田1号ソロ(4回・美馬)
試合詳細

浅村選手2戦連発、3打点の活躍も、接戦を落とし1勝1敗に。 初戦に続き第2戦も序盤から激しく点が動きます。初回、互いに1点を取り合うと、3回は浅村選手の3号ソロHRで勝ち越したイーグルスに対し、ホークスも柳田選手の適時二塁打、デスパイネ選手の2ランHRで3点を奪い、主導権を渡しません。それでも4回、満塁の好機で浅村選手が今度は同点2点適時打を放ち、試合の流れをイーグルスに引き寄せたかにみえましたが、直後にホークス福田選手に痛恨の一発を浴び万事休す。1stステージは1勝1敗となり、ファイナルステージ進出の行方は、第3戦に持ち越されました。

10.7[月]

福岡ソフトバンク戦
@ヤフオクドーム

HAWKS 2 - 1 EAGLES

000 100 000 1
000 100 10x 2
責任投手 甲斐野(1勝0敗0S) 宋家豪 (0勝1敗0S) 森 (0勝0敗2S)
本塁打 E:浅村4号ソロ(4回・高橋礼)
H:内川聖一2号ソロ(7回・宋家豪)
試合詳細

第3戦は両軍の意地がぶつかる投手戦。あと1点届かず1stステージ敗退が決まる... 勝ったチームがファイナル進出を決める第3戦。過去2戦とは打って変わり序盤3回はイーグルス岸選手、ホークス高橋礼選手の両先発が互いに0を並べる完璧な立ち上がりをみせます。4回、好調・浅村選手が4号ソロHRを放ち均衡を破りますが、ホークスも内川選手の適時打ですぐに追いつくと、その後は両軍投手陣の好投が光り試合は膠着状態に。1点の重みが徐々に増していく中、先手を取ったのはホークスでした。7回内川選手がソロHRを放つとこれが決勝点に。イーグルスも8回に守護神松井選手が登板し、3者三振に抑えるなど、最後まで追いすがりましたが、1点及ばず敗戦。無念の1stステージ敗退となりました。

【パーソル CS パ】ライブビューイングを開催!

日時
  • 10月5日(土)10:00~試合終了30分後
    ※イーグルスドームは12:00開場
  • 10月6日(日)10:00~試合終了30分後
    ※イーグルスドームは12:00開場
  • 10月7日(月)17:00~試合終了30分後
開放エリア スマイルグリコパーク、イーグルスドーム
※球場内スタンド席の開放はございません。
入場料 無料
詳細はこちら

【パーソル CS パ】グッズショップ エスパル仙台店横でライブビューイング・Rakuten.FM ラジオ公開生放送を開催!

放送開始時間
  • 10月5日(土)12:30~試合終了30分予定
  • 10月6日(日)12:30~試合終了30分予定
  • 10月7日(月)17:30~試合終了30分予定
※悪天候の際は、開催を中止させていただく場合がございます。
場所 S-PAL仙台 東館 楽天イーグルス グッズショップ横
聴取方法
  • 地上波(仙台市宮城野区内エリア)FM 89.1MHz
  • インターネット(PC・スマートフォン等)
詳細はこちら

COMMENT

コメント

ファーストステージに向けて

平石監督

記者:
まずは、ファーストステージに向けた意気込みを一言お願いします。
平石監督:
シーズン中はくやしい思いもたくさんしましたが、なんとかこのCSへの出場権を獲得してこの場に来ることができました。シーズンが終わってからおよそ一週間、クライマックス・シリーズで腹をくくってぶつかるための準備をしっかりしてきましたので、野球界を盛り上げる意味でもしっかり闘いたいと思います。

コメント全文はこちら

銀次選手

記者:
まずは、ファーストステージに向けた意気込みを一言お願いします。
銀次選手:
とてもワクワクして早く試合をしたい気持ちでいっぱいです。そして、CSの雰囲気を楽しみながら熱い試合をみせていけたらと思います。
記者:
銀次選手にも相手チームについての印象を伺いたいと思います。
銀次選手:
打者は、長打力もあるし足も速い。ピッチャーも150キロを超えてくる選手を揃えているので、本当に強いチームだと思います。

コメント全文はこちら

則本選手

記者:
いよいよクライマックス・シリーズですが、今の心境をお聞かせください。
則本選手:
思っていたより緊張することもなく、リラックスした状態で練習をできています。
記者:
大事な初戦の先発を託されました。その点はいかがでしょうか。
則本選手:
やるべきことをやって、チームが勝てるように投げたいと思います。

コメント全文はこちら

REGULAR SEASON

レギュラーシーズンの戦績

2019シーズン成績
パ・リーグ3 71 68 4 勝率.511
シーズン終了のご挨拶

平石監督

今シーズンも1年間、たくさんの声援をいただき本当にありがとうございます。
優勝、また、この仙台でCSを迎えるという目標は叶いませんでしたが、選手、スタッフの頑張り、そして皆さんの後押しのおかげでなんとか3位に食い込むことができました。
10月5日(土)からCSが始まります。最高の準備をして福岡に乗り込みます。
一緒に闘いましょう。そして最後にもう一度このホーム仙台に帰ってきます。

最終戦セレモニー・選手のコメントはこちら

MATCH

2019年シーズンの戦い

7月

7月19日の試合では美馬選手が完全試合まであと3人という快投を見せました。また7月28日の試合では山﨑選手がプロ初ホームラン、7月30日の試合ではルーキーの弓削選手がプロ初勝利を記録しました!
しかし、序盤の大型連敗もあり7月は8勝14敗。順位も4位に後退してしまいました。

もっと見る
6月

6月9日の試合では銀次選手が1000安打を達成!6月18日の試合ではウィーラー選手が100本塁打を達成しました!また6月14日の試合では球団新記録の1試合7本のホームランで快勝!
セ・パ交流戦は10勝8敗で勝ち越し、12球団中6位。6月はトータル12勝9敗1分の成績で、順位をリーグ2位としました。

もっと見る
5月

辰己選手のプロ初ホームランや、渡邊選手のプロ初ヒットなどルーキー達が大活躍!5月14日の試合で藤田選手が1000安打を達成!5月18日の試合では今野選手がプロ初勝利を記録しました!
月間3度のサヨナラ勝利もあり、5月の成績は14勝12敗。5月終了時点でチームは首位に立ちました!

もっと見る

AWARDS / MILESTONES

獲得タイトル / 達成記録

2019シーズン 獲得タイトル

松井裕樹選手 最多セーブ投手賞を獲得!

松井裕樹選手が38セーブで2019シーズンのパシフィック・リーグ 最多セーブ投手賞を獲得しました。松井選手は自身初のタイトル獲得、そして楽天イーグルス所属の選手として初めての最多セーブ投手賞受賞となりました。

松井選手のコメントはこちら
2019シーズン 達成記録・受賞歴

9.15 久保裕也選手500試合登板達成!

久保裕也選手が9月15日(日)京セラドーム大阪で行なわれたオリックス戦で「500試合登板」を達成いたしました。プロ野球通算101人目の記録でした。

久保選手のコメントはこちら

9.11 ブセニッツ選手8月度大樹生命月間MVP賞受賞!

9月11日(水)、8月度の「大樹生命月間MVP賞」が発表され、パ・リーグ投手部門で、1勝0敗11ホールド、防御率0.00の好成績をおさめたアラン・ブセニッツ選手が初受賞しました。

ブセニッツ選手のコメントはこちら

8.23 銀次選手1000試合出場達成!

銀次選手が8月23日(金)メットライフドームで行なわれた埼玉西武戦で「1000試合出場」を達成いたしました。プロ野球通算502人目の記録でした。

銀次選手のコメントはこちら

8.14 青山浩二選手600試合登板達成!

青山浩二選手が8月14日(水)楽天生命パーク宮城で行なわれた福岡ソフトバンク戦で「600試合登板」を達成いたしました。プロ野球通算41人目の記録でした。

青山選手のコメントはこちら

6.19 辰己涼介選手5月度スカパー!サヨナラ賞受賞!

6月19日(水)5月度「スカパー!サヨナラ賞」が発表され、5月8日(水)福岡ソフトバンク戦で逆転サヨナラタイムリーツーベースを放った辰己涼介選手が初受賞しました。

辰己選手のコメントはこちら

6.18 ウィーラー選手100本塁打達成!

ゼラス・ウィーラー選手が6月18日(火)マスカットスタジアム(倉敷)で行われた阪神戦で、「100本塁打」を達成いたしました。プロ野球通算293人目の記録でした。

ウィーラー選手のコメントはこちら

6.9 銀次選手1000安打達成!

銀次選手が6月9日(日)ナゴヤドームで行われた中日戦で、「1000安打」を達成いたしました。プロ野球通算299人目の記録でした。

銀次選手のコメントはこちら

5.14 藤田一也選手1000安打達成!

藤田一也選手が5月14日(火)楽天生命パーク宮城で行った北海道日本ハム戦で、「1000安打」を達成いたしました。プロ野球通算298人目の記録でした。

藤田選手のコメントはこちら

4.17 浅村栄斗選手150本塁打達成!

浅村栄斗選手が4月17日(水)楽天生命パーク宮城で行った埼玉西武戦で、「150本塁打」を達成いたしました。プロ野球通算172人目の記録でした。

浅村選手のコメントはこちら

FAN

投稿ギャラリー

ハッシュタグ「#日本一の東北へ」か
「#RakutenEagles」を付けてSNSに写真を投稿しよう!