2019/10/04(金)チーム

いよいよ明日10/5(土)から「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」開幕!

「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージがいよいよ明日10月5日(土)から福岡ヤフオク!ドームで開催されます!
明日の戦いを前に前日会見が行われ、平石監督・銀次選手が出席いたしました。
また明日の予告先発である、則本選手が意気込みを語ってくれました。

「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージの日程、ライブビューイングなどのイベント情報は、「日本一の東北へ」特設サイトでお知らせいたします。

ファイナルステージ進出、そしてその先「SMBC日本シリーズ2019」に向けて戦う選手たちへ熱いご声援をお願いいたします。

2019 パーソル クライマックスシリーズ パ 前日会見

平石監督

記者:
まずは、ファーストステージに向けた意気込みを一言お願いします。
平石監督:
シーズン中はくやしい思いもたくさんしましたが、なんとかこのCSへの出場権を獲得してこの場に来ることができました。シーズンが終わってからおよそ一週間、クライマックス・シリーズで腹をくくってぶつかるための準備をしっかりしてきましたので、野球界を盛り上げる意味でもしっかり闘いたいと思います。
記者:
明日の予告先発を発表いただき、その投手に込めた思い、どういうピッチングを見せてほしいかに一言いただきたいと思います。
平石監督
我々イーグルスは則本昂大でいきたいとおもいます。則本は、今年シーズン前に手術・リハビリを経て復帰しましたが、本人も初めての経験、苦しい経験をいっぱいしたと思います。復帰してからは、本人も納得できない試合もあったと思いますが、その経験を経て、一回り二回り成長した姿を我々感じましたし、シーズン終盤には、則本らしいピッチングしてますので、信頼は変わりません。則本でいきます。
記者:
レギュラーシーズンが終わってから比較的短い期間でしたが、チームの調整状況をお聞かせください。
平石監督:
1シーズン143試合戦い終えてから、もう一度心と体の準備を一週間の間やってきました。明日の初戦にしっかり入れるように準備ができていると思います。
記者:
相手チームについての印象を聞かせてください。
平石監督:
ホークスさんは、先発、中継ぎのピッチャーは非常に能力高いですし、打者も長打のある打者、足のある打者、さらに状況に応じていろんなことをできる選手もいっぱいいると思ってます。 ポストシーズンの経験も豊富ですので、非常に良いチームだと思っています。
記者:
今ラグビーやバレーボールの大会では、世界ランク上位のチームを日本チームが破り非常に盛り上がっています。イーグルスも3位からトップを目指すことになる点で共通する部分もあると思いますが、いかがでしょうか。
平石監督:
レギュラーシーズンは優勝、そして本拠地でCSを迎えるという目標の達成が叶わず、それでも3位に食い込めたことで、こうやって挑戦権を得ましたので。短期決戦は、(他の競技と同じように)ひとつのミス・ひとつのプレーで流れが大きく流れが変わると思います。それを恐れていても仕方がないと、我々も腹括ってますので思いっきりぶつかっていきたいなと思います。
記者:
ファンのみなさんへの決意表明をお願いします。
平石監督:
まず、ファーストステージ勝てるようにしっかり準備してきましたので、それを思いっきり発揮していきたいと思います。そしてホークスさんと共に、野球界、CSが盛り上がるように、全力でプレーをしたいと思います。ファイナルに進めるようにしっかりやっていきたいと思います。

銀次選手

記者:
まずは、ファーストステージに向けた意気込みを一言お願いします。
銀次選手:
とてもワクワクして早く試合をしたい気持ちでいっぱいです。そして、CSの雰囲気を楽しみながら熱い試合をみせていけたらと思います。
記者:
銀次選手にも相手チームについての印象を伺いたいと思います。
銀次選手:
打者は、長打力もあるし足も速い。ピッチャーも150キロを超えてくる選手を揃えているので、本当に強いチームだと思います。
記者:
イーグルスは若い力も大きな武器のチームです。この点はいかがですか。
銀次選手:
ベテランと若手をうまく監督に使っていただいて、若手はすごく良い経験すると思いますし、(チームの)将来に繋がる試合になると思っています。そこは自分自身もすごく楽しみにしています。

第1戦先発 則本選手 コメント

記者:
いよいよクライマックス・シリーズですが、今の心境をお聞かせください。
則本選手:
思っていたより緊張することもなく、リラックスした状態で練習をできています。
記者:
大事な初戦の先発を託されました。その点はいかがでしょうか。
則本選手:
やるべきことをやって、チームが勝てるように投げたいと思います。
記者:
平石監督からは「則本選手自身、今シーズンは苦しんでいたが、それでも信頼して明日は送り出したい」という言葉がありました。それを聞いていかがでしょうか。
則本選手:
そうですね。監督とはいろいろな話をして、今シーズンは僕自身も苦しい思いもありましたが、明日の試合には(レギュラーシーズンの事は)関係がないので、明日できることをしっかりとして、期待に応えられるようにやりたいと思います。
記者:
改めて対戦する福岡ソフトバンクの印象をお願いします。
則本選手:
今シーズンはここ(ヤフオクドーム)で投げたときから、いい(投球の)感覚が掴め出しているので、明日もそれが出せれば、(勝利の)チャンスがあると思います。力を出し切れるように頑張ります。
記者:
特に注意したい打者、ポイントがあれば教えてください。
則本選手:
(福岡ソフトバンクは)長打力があるし、機動力も使えるチームなので、いろいろな面をケアする必要はありますが、誰か1人(を注意すればよい)というわけではなく相手も9人で向かってくるので、こちらも1対9ではなく、9人全員で闘うという気持ちで、しっかりとやるだけです。
記者:
福岡ソフトバンクは千賀選手が先発します。その点はいかがでしょうか。
則本選手:
彼(千賀選手)も僕を意識していると思うので、僕の方ではそれをひらりとうまく躱せたらと思います。
記者:
仙台からもたくさんのファンが応援します。ファンのみなさんにどのようなピッチングをみせたいでしょうか。
則本選手:
一生懸命、自分のできることをやり、僕だけではなくチーム全員で勝利を掴みたいと思います。
記者:
最後に改めてCSの意気込みお聞かせください。
則本選手:
(今シーズンは)本当にギリギリ(3位)のところでCSに出ることができたので、失うものはありません。上位のチームを倒し、日本シリーズにいけるよう、まずは明日を万全の状態で迎えられるように、しっかり準備をしたいと思います。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる