春季キャンプレポート

■久米島キャンプ8日目

春季キャンプレポート2013

【0208レポート】今キャンプ初の室内練習

・天気:雨
・気温:14℃
・風速:北東6m/s
・観客数:150人
・報道数:50人

第2クールの初日は、今キャンプで最も厳しい天候。断続的に雨が降り続き、気温も低く、強風でさらに体感気温が低くなりました。朝の散歩・声出しもこの日は初の中止。宿舎の中で体操を行いました。

ファームの仲里野球場では予定通りに紅白戦を実施したものの、1軍は今キャンプ初となる「ほたるドーム(室内練習場)」での練習。総合ノックなど予定していた実戦的な練習メニューを行わず、各自が個別のメニューを消化して、入念に体を動かしました。

その中で目立ったのは、打撃練習に登板した金刃憲人選手。キャンプ初日のブルペンから快調なピッチングを続け、この日は松井稼頭央選手・聖澤諒選手にキレのある球を投げ込みました。ジャイアンツから移籍した新戦力左腕の目標は、先発ローテーション入り。「チームが変わって新天地でやってやろうと思っています。良い雰囲気の中でやらせてもらっています。」と力強く話しました。

また、銀次選手も精力的に汗を流しました。この日は、スタジアムのビジョンで上映される映像演出などの撮影をほたるドーム2階で実施。練習終わりの銀次選手も撮影に臨みましたが、練習場に戻ると、再びバットを手にスイング開始しました。「ここまで怪我なく順調で、いい感じに体が張っています!」「(疲れは)全くありません!」「(実戦は)全然いけると思います!」、チーム最高打率.280を残した昨年の実績と、特守も含めたここまでの練習量に裏打ちされた自信が、堂々とした受け答えから伝わります。今年の目標として公言した「開幕スタメン・144試合フルイニング出場・首位打者」に向かって、晴れの日も雨の日も、銀次選手はブレることなくバットを振り続けます。

■草野大輔アンバサダーが斬る!

草野大輔アンバサダー

現役を昨年限りで引退した草野大輔アンバサダーに楽天イーグルス広報が突撃取材!

広報:朝の練習前には島のFMラジオ(FM久米島89.7MHz)に生出演しました。アンバサダーとして初のラジオ出演でした。
草野:緊張しました。無難にこなしました(笑)。楽しくやりましたよ。

広報:その後の練習でしたが、本日は今キャンプ初となる室内での練習となりましたね。
草野:練習時間が短くなることで、気の緩みが出てくるものだけど、その中でも引き締まった内容の濃い練習だったね。

広報:練習メニューは当然、変更を余儀なくされましたが、影響はあるものですか?
草野:休日明けで練習メニューも総合ノックなどできなかったという点においては、残念な1日でした。

広報:そうした中、ブルペンに足を運びましたね。
草野:以前にも話したけど、釜田(佳直)は本当に素晴らしいね。ずっと調子が良いようなので継続して欲しい。それから青山(浩二)だね。彼も順調に来ているように思えた。

広報:それから塩見貴洋選手と話をしていました。
草野:塩見の想いが伝わって来ましたね。覚悟があるというか、自覚を感じたというか。塩見には頑張ってもらわないとね。

広報:練習の合間には、スタジアムのビジョンで上映される映像演出などの撮影を見学しました。
草野:(田中)マサヒロ・(松井)稼頭央さん・ダック(ワース)とね。その撮影の様子は僕のフェイスブックを見てください、と宣伝しておいてよ!(笑)

広報:明日は紅白戦です。先発は、戸村健次選手・菊池保則選手の予定です。
草野:天気が良くなって、緊張感のある練習ができればいいね。

(・・・インタビュー中に事務所へお菓子を物色に来た霜田用具担当を見つけ・・・)
おりゃー!勝手にもっていくんじゃないよ。チョコレートみたいな頭しやがって(笑)。
(その後、乱暴な言葉の応酬が続きましたが、2人は終始笑顔。8年来の友人です♪)

■フォトギャラリー

春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート
春季キャンプレポート

■動画配信:EAGLESTATION

最新のキャンプレポート動画をEAGLESTATIONで配信中!