2010/11/01 マスコット

カラスコ監視隊 2010完全捕獲

11/14 仙台駅東口集合!2010年最後の監視ルート

ノンフィクション地域清掃/不法投棄監視

写真

カラスコ監視隊ムービー

~INTRODUCTION~

2010年シーズンもゴミを求めるMr.カラスコに容赦なくスタジアムへの侵入を繰り返された。
オフシーズンは再び仙台市内のゴミをあさり、そして冬眠前にファン感謝祭へ乱入する可能性が高く、再び危険が迫っている。

Mr.カラスコの監視に球団からの要請を受け2005年から出動しているカラスコ監視隊。
過去5年間Mr.カラスコの捕獲にはことごとく失敗している。
今回3代目隊長就任にあたり、勇退する初代隊長は2006年にMr.カラスコが仙台市と地域清掃協定、宮城県と不法投棄通報協定を結んでいる事に注目。空中戦に打って出た。

仙台市と地域清掃を開催する事でMr.カラスコをおびき出し、徐々にスタジアムへと誘導した後、ファン感謝祭でトラップを敷き、スタジアムに予め着陸させた宮城県のヘリコプターに搭乗させ強制的に不法投棄監視パトロールに向かわせるというものだ。

ファン感謝祭まで長期戦となるこの作戦。最終的にヘリに誘導するまで非常に危険が伴う。 今回も共に作戦を遂行してくれる一般隊員を広く募集する!

隊員募集要項

初代総長 単なる監視、誘導ではあるが不自然に思われては非常に危険だ。
気付かれぬ様Mr.カラスコ同様、道中ごく自然に、落ちているゴミを回収しなければならない。各隊員は防護服として自前で軍手を用意し、更に当日は危険回避の為、市環境局から地域清掃ゴミ袋と火バサミを受け取る事となる。隊員に与えられた任務は一心不乱にゴミを回収しながらMr.カラスコの行動を常時監視し、タイミングを見て誘導する事だ!

危険な任務だが、心配しなくても大丈夫だ。
万が一の時、隊員達には「市民活動保険」※が適用される。
また確実に任務を遂行した隊員には、回収したごみと引き換えに、カラスコ監視隊員の証を進呈する。

では、全ての隊員が確実に任務を遂行し無事帰還する事を祈っている。 アディオス!

後援
宮城県
仙台市環境局

※仙台市内の地域清掃などで活動中の交通事故以外の事故に適用される(仙台市外の方も対象)。

二代目総長 参加資格
健康で常識のあるもの

参加方法
監視隊隊長が作成したMr.カラスコ誘導作戦表に
基づいて日時、場所を確認の上、防護服を用意して
各自で勝手に集合場所へ行くように。
任務当日
「カラスコ監視隊のぼり」を持った赤ツナギ隊長がスタンバイしている。彼らの指示に従い、任務完了後は記念品を
受け取った後、各自で勝手に解散。
雨天の場合
決行、中止は全て当日の開始時刻現場判断だ。
微妙な時でも現場にのぼりを持った見張りがいるので質問する様に。

(※自由参加の地域清掃の為、楽天野球団では事務局を設けておりません。いずれも約1時間で終了します。)

三代目総長 11月23日「楽天イーグルス ファン感謝祭2010」での捕獲について

当日、クリネックススタジアム宮城に隣接する駐車場に宮城県の不法投棄監視パトロールヘリコプターを着陸させる。

当日のMr.カラスコの誘導から捕獲方法、並びに11月の監視フェイント追加日程は10月のMr.カラスコの動向を踏まえた上で、作戦を調整し、11月1週目に本ページ上で発表する。

10月の日程、11月のフェイント追加日程、 「楽天イーグルス ファン感謝祭2010」での捕獲作戦、今回の全ての監視隊日程に皆勤で参加された者には、完全捕獲者の証として、Mr.カラスコラジコンヘリコプターを進呈する。

10月24日の監視ルート

10月31日の監視ルート

11月14日の監視ルート

2009年カラスコ監視隊の様子
写真 写真
   
写真 写真
2010年10月1日仙台市アレマキャンペーンに
別のマスクでこっそり参加していたと思われる写真。
2010年11月23日にMr.カラスコをスタジアムで捕獲し、
そのままクリネックススタジアム宮城隣接駐車場から
不法投棄監視スカイパトロールへと飛び立たせる予定の
宮城県のヘリコプター。

マスコット一覧へもどる ニュース一覧へもどる