2016/12/02チーム

【12/2更新】契約更改のお知らせ

 2016 - 2017 契約更改情報

2017シーズンへの契約更改を終えた選手の記者会見をお伝えします。各選手の記者会見でのコメントをご覧ください。
※掲載している背番号は2016シーズンのものです。

  • 12/2

    5 茂木 栄五郎 選手

    5 茂木 栄五郎 選手

    今シーズン、一番印象に残っているのは初めてKoboスタでお立ち台に上がった試合です。
    ただ、その他には打ちたい場面で打てない。守らなければならない場面で守れない。というのが多く、僕の中では結果的に不甲斐ないシーズンになってしまったという思いがあります。
    その中でも球団から評価していただいたので、とても光栄に思っています。
    来シーズンは試合をやっている以上、勝つことが一番になってくるので、勝ちにこだわりたいと思っています。
    チームの勝利に貢献するということを一番にやっていきたいです。
    個人としては今シーズンの成績を上回ることが最低ライン。
    143試合全ての試合に出ることを目標にしたいですし、1試合でも多くスタメンで出て、チームの勝利に貢献出来るようやっていきたいです。

  • 12/2

    35 島内 宏明 選手

    35 島内 宏明 選手

    今シーズン、チームとしては悔しい結果になってしまいましたが、個人としてはキャリアハイの成績を残すことが出来ました。
    新たに力を入れているウエイトトレーニングが良い効果を出してくれたと思います。
    夏場前に急激に体重が落ちてしまったので、まずは体重を戻すことに取り組んでいきたいです。
    来シーズン、2桁ホームランを打ちたいですし、打率も3割を目標に、全てを今年以上の成績を残したいと思っています。
    来年はもっと期待に応えられるよう、頑張ります。

  • 11/30

    1 松井 裕樹 選手

    1 松井 裕樹 選手

    今年は好不調の波があるシーズンでしたが、選手として成長できた一年であったと思います。
    来年に向けて、連投、回跨ぎできる体作りをしないといけないですし、球数を減らしたいです。
    目標は40セーブと優勝のマウンドにいることです。
    そのためにも、怪我なく、しっかりとフォームを固めて、フォアボールを減らしながら、持ち味である三振を増やしていきたいです。

  • 11/30

    14 則本 昂大 選手

    14 則本 昂大 選手

    貯金を作れず、自分としては納得していないシーズンでした。
    来シーズンは岸選手が入って楽しみですし、チーム一丸となって再びみんなで優勝の喜びを分かち合いたいと思っています。
    岸選手に負けないようにやりたいですし、もう一度体を作り、一年間安定した体とメンタルを鍛えたいです。
    来年も自分が投げた試合は全部チームが勝つつもりで投げますし、10月の終わりになっても試合ができていればいいですね。

  • 11/30

    21 釜田 佳直 選手

    21 釜田 佳直 選手

    今年は一年間、一軍のマウンドに上がれたことが大きかったです。
    ただ、ランナーを出すことが多くなんとか粘れてこれた感じだったので、来年は簡単に終われるイニングを増やすことが必要だと思っています。
    そのためにも打者との駆け引きの中で、しっかり主導権を握れるようにしたいです。
    来年は今年以上の成績を出したいので、二桁勝利と規定投球回を目標に頑張ります。

  • 11/30

    32 枡田 慎太郎 選手

    32 枡田 慎太郎 選手

    代打にはやりがいを持ってやっていましたが、まだまだ若いですし、代打ではなくスタメンで試合に出たいです。
    来年は、とにかく代打ではなくスタメンで試合に出て、ホームランを二桁打ちたいです。
    そのためにも、パワーとスピードを上げたいですし、内野でも外野でもどこでも守れるように準備をしてアピールしていきたいと思います。

  • 11/30

    34 武藤 好貴 選手

    34 武藤 好貴 選手

    今年は何も言えないです。
    春のキャンプで投げ過ぎてしまい、思うようにいきませんでした。
    来年は40~60試合は投げたいですし、出身である休部してしまったJR北海道の皆さんにいいピッチングを見せたいので、しっかり準備をしてキャンプからアピールしていきたいです。

  • 11/30

    64 福山 博之 選手

    64 福山 博之 選手

    チームはBクラスでしたし、自分で負けた試合もあったので、来年は勝ちにつながるピッチングを常にしたいです。
    また、中継ぎがゲームを壊すこともあったので安定したブルペン陣を作っていきたいです。
    来年に向けて、怪我をしない体作りと全てにおいてのスキルアップをし、今年以上に投げて日本一になりたいです。

  • 11/27

    44 足立 祐一 選手

    44 足立 祐一 選手

    今シーズンの成績に満足はしていないですし、来シーズンはそれを超えられるようにしたいです。
    競争は激しくなりますが、先輩方から勉強しながら、競争に負けないようにしたいです。
    来シーズンは大事な年になりますので、盗塁阻止率はリーグトップ、打つ方では最低でも2割5分を目指します。
    試合の中での状況判断に課題があるのでそれを克服し、しっかりチームバッティングやバントを決められるようにしたいです。

  • 11/27

    56 中川 大志 選手

    56 中川 大志 選手

    今年は持ち味である長打力を1軍で出せませんでした。
    来年、試合に出るためには銀次さん、今江さんがライバルになりますし、2人を抜かさないと試合に出れないので、2人よりも上回るのは長打力だと思っていますのでそこをしっかり磨き、春のキャンプからアピールしたいです。
    レギュラーとして試合に出るためにも、最低でもホームランを2桁打ちたいです。

  • 11/27

    6 藤田 一也 選手

    6 藤田 一也 選手

    もう一度このチームで優勝がしたいので残留しました。
    今年は前半に怪我をして、チームに迷惑をかけましたけど、その中でゴールデングラブ賞を獲れたのは自信になりました。
    天然芝に変わって1シーズンプレーしたので、来年はもっといいプレーをしたいですし、特にホームでのバッティングの成績を上げたいです。
    来年の目標は打率3割と出塁率を上げること、守備では2年連続のゴールデングラブ賞、そしてチームとしてはもう一度みんなで優勝がしたいです。

  • 11/27

    33 銀次 選手

    33 銀次 選手

    今年は苦しい1年でしたが、悪かった理由は分かっているので、来年はとにかく打率3割以上、そして長打率を上げたいです。
    チームが勝つためには単打だけではなく、長打、特に2塁打にこだわって間を抜く当たりを多く打って点に絡みたいです。
    また、選手会長も来年で2年目になりますので、今年以上に自分がチームを引っ張って、先頭になってやっていきたいですし、台風10号で被害に遭った人たちのためにも、自分のプレーで笑顔にしていきたいと思います。

  • 11/27

    59 菊池 保則 選手

    59 菊池 保則 選手

    今年は故障もあり、チームの力になれませんでした。
    先発で投げることが目標ですが、来年は投げろと言われたところでしっかり投げて、怪我なく1年間やりたいです。
    そのためにも、このオフはストレートの質とスピードを上げ、継続して強いボールを投げられるようにしたいです。
    倉敷キャンプでは下半身の使い方で掴むものがありましたし、来年はしっかりと成績を残さないといけない年になるので、とにかくチームの力になれるように頑張ります。

  • 11/27

    58 辛島 航 選手

    58 辛島 航 選手

    今年も年間通してローテーションを守れませんでした。
    岸さんも入りますし、どんな手を使ってでも先発の枠を勝ち取らないといけないと思っています。
    それくらい争いも激しくなりますし、誰にも負けないように頑張りたいです。
    フォームも見つめ直しましたし、いろんなことに挑戦しながら、1年間怪我をしない体作りをし、結果的に規定投球回を投げたいです。

  • 11/22

    37 嶋 基宏 選手

    37 嶋 基宏 選手

    個人的にも、チームとしても悔しい1年でした。 プロに入って10年間、イーグルスにはお世話になりましたし、まだ恩を返すことができていません。
    東北でプレーするのが嬉しいですし、楽しいので残留することを決めました。
    若い選手が多いチームですけど、まだ32歳で衰えていないですし、まだまだやれるところを見せたいです。
    この30代前半で頑張って、1年でも長くプレーしたいですし、自分の成績が良ければチームも上位に行くと思うので、いいシーズンになるように頑張りたいです。

  • 11/22

    55 哲朗 選手

    55 哲朗 選手

    今年は怪我もありましたし結果を出せませんでしたので、来年はこの悔しさをバネにやっていきたいです。
    チャンスをものにできなかったので、来年は結果を出さないといけないと思っています。
    そのためにも土台をしっかり作り、体も考え方も「芯」を大事にしたいです。
    来年で8年目ですし、勝負の年なので、何が何でも結果を残し、優勝の輪に入れるように準備をしっかりしていきたいです。

  • 11/22

    11 塩見 貴洋 選手

    11 塩見 貴洋 選手

    今年は勝ち星が伸びなかったですし、負け越してしまったので反省しています。
    今年の目標がローテーションを守ることだったので、それをクリアできたのは嬉しいです。
    でも、勝ち越さないと意味がないので貯金を5以上は作りたいです。
    そのためにも、コントロールの精度、変化球の精度を上げたいと思います。
    来年も怪我なく1年を過ごし、2年連続で規定投球回をクリアしたいです。

  • 11/22

    31 美馬 学 選手

    31 美馬 学 選手

    今シーズン、規定投球回を投げられたのは自信になりました。
    9勝で終わってしまい、悔しい思いをしたので、来年は10勝したいです。
    今年のキャンプは1軍スタートでいい状態で開幕を迎えられたので、来年もいい状態でシーズンに入りたいです。
    来シーズンは怪我なく、ローテーションを守り、2ケタ勝利と2年連続の規定投球回をクリアしたいので、オフにしっかり体作りをし、2月のキャンプインに万全の状態で臨みたいです。

  • 11/22

    23 聖澤 諒 選手

    23 聖澤 諒 選手

    FAに関して考えることが多かったですけど、自分なりに残ることが一番いいと考え、残留を決めました。
    仙台・東北には仲間、チームメートがいるので、残れて良かったと思っています。
    今年はスタメン、代打、守備固め、代走などいろいろなポジションをやる中で、とにかくチームに貢献しようと思ってプレーしていました。
    葛藤はありましたが、与えられた中でやってこられたことに関しては自分を褒めたいですし、来年は持ち味の走塁をアピールして監督のやりたい野球を先頭に立ってやっていきたいです。
    もう一度、一からレギュラーを獲るために、2/1からアピールして開幕レギュラーを獲れるよう、全てにおいてレベルアップしたいです。

  • 11/22

    8 今江 敏晃 選手

    8 今江 敏晃 選手

    FAで移籍してきて、結果を求められる中、怪我で1年を通してプレーできなかったのが悔しいです。
    最初は戸惑うこともありましたけど、東北のファン、チームメイト、球団の皆さんが暖かく迎えてくれ、最高のチームだと思っています。
    今年は自分の長所である勝負強さを出せませんでした。
    来年はもう一花咲かせるためにも、個人成績とかではなく、最高のチームメイト、東北のファンと一緒に優勝争いがしたいですし、チームとして最高の成績を残したいです。

  • 11/22

    48 伊志嶺 忠 選手

    48 伊志嶺 忠 選手

    毎年レギュラーを目指しています。
    今年は試合に出られなかったのが悔しいですし、悔しい思いしかありません。
    いろいろなポジションをやらせていただいていますが、やはりキャッチャーにはこだわりがあります。
    今年、試合に出ていないですし、危機感が強くなったので、来年は一軍にいるだけでなく、とにかく試合に出たいです。

  • 11/21

    13 濱矢 廣大 選手

    13 濱矢 廣大 選手

    今シーズン、自分自身、チームの勝利に貢献できませんでした。
    ボール先行のカウントになることが多かったので、来年はもっと打者を攻めこむピッチングをしなければいけないと思っています。
    ポジションは、投げられるのであれば、先発でも中継ぎでもどちらでもいいです。
    抑えた試合もあったので、そこは自信を持って、オープン戦からアピールして頑張ります。

  • 11/21

    28 石橋 良太 選手

    28 石橋 良太 選手

    なかなかチームに貢献できなかったので、結果を出すことだけを常に考えてしまいました。
    一軍でいいピッチングができた時は腕が振れていたので、常にそれが出来るようにしたいです。
    内角、外角とコーナーをしっかり投げきるピッチングを身に付けて、来年は1年通して活躍したいです。

  • 11/21

    38 西宮 悠介 選手

    38 西宮 悠介 選手

    今シーズンはメンタルの部分が大きいということを改めて痛感したシーズンでした。
    自分としては課題である制球を克服し、後ろのいい場面で投げられるようになりたいです。
    そのためにも結果を残して、1年目の46試合よりも多い試合に投げたいです。
    そして、投手陣の中でも福山さんのようなユーティリティ、スペシャリストとして使ってもらえるようになりたいです。

  • 11/21

    27 岡島 豪郎 選手

    27 岡島 豪郎 選手

    今年は最初は良かったですが、後半駄目だったので来年は一年通してやりたいです。
    年齢的に来年は勝負の年になるので、来年しっかり結果を出すための準備をするだけです。
    打率を上げるには、やはりサインプレーをしっかり決めること、フォアボールを選ぶことが大事なので、そこを意識しながら、確率、出塁率を高めることを意識してやっていきたいです。
    背番号も変わりますので気を引き締めて、1年間チームを引っ張り、もう一度みんなで優勝がしたいです。

  • 11/21

    00 阿部 俊人 選手

    00 阿部 俊人 選手

    球団からは守備の面で評価してると言っていただきました。
    来年はレギュラーを獲りにいきたいです。
    内野はもちろん、キャッチャーも外野も隙があれば狙っていきたいと思います。

  • 11/20

    2 吉持 亮汰 選手

    2 吉持 亮汰 選手

    今年は一年目ということで、いろいろな経験ができました。
    走攻守において、大学でできていたことが今年はできませんでした。
    特に自分は足が売りなので1盗塁しかできなかったのが悔しかったですし、恥ずかしかったです。
    来年は同じ失敗をしないよう、キャンプから元気を出してやっていきたいですし、二桁以上盗塁をしたいです。

  • 11/20

    20 安樂 智大 選手

    20 安樂 智大 選手

    シーズンの終盤から長いイニングを投げられるようになりましたし、強いストレートを投げられたことは自信になりました。
    その投球を来年は開幕からできるようにしたいです。
    課題もまだ多いですが、来年は開幕ローテーションに入り、先発投手陣の先輩方を追い抜くくらいの気持ちでやっていきたいです。
    そのためにも、しっかり準備をし、春のキャンプで変わった姿を見せ、ローテーションを守り、二桁勝ちたいです。

  • 11/20

    26 金刃 憲人 選手

    26 金刃 憲人 選手

    ここ2年駄目でしたし、10年目というのもあり、とにかく実績が欲しかったので、少しは信頼を取り戻せたかなと思います。
    今年駄目なら辞めるくらいの気持ちでいたので今年は良かったですが、この成績を3年残さないと駄目だと思っています。
    今シーズンは結果を残した時のいいイメージで投げられたので、来年は離脱せず、55試合は投げたいです。
    前に投げているピッチャーの生活、チームの成績がかかるポジションですが、マウンドに上がったらいつも通り「テキト~」に、先発に勝ちをつけるピッチングがしたいです。

  • 11/20

    39 下妻 貴寛 選手

    39 下妻 貴寛 選手

    今年は打てませんでした。
    打てないと試合に出られませんし、キャッチャーも1人の野手なのでバッティングでチャンスを作っていかないといけないと改めて思いました。
    来年はとにかく1軍の枠に入ること、そして、1年間、出ても出なくても1軍のベンチにいることを目標にやっていきたいです。

  • 11/20

    57 三好 匠 選手

    57 三好 匠 選手

    来年は勝負の年になるので、来年が最後くらいの気持ちで、死に物狂いでやりたいです。
    U-23では改めて守備が大事だと思いましたので、現状に満足せず、貪欲に守備をしっかりやっていきたいです。
    また、バッティングの方では追い込まれたらとにかく塁に出て、チームバッティングをしっかり決めたいです。

  • 11/19

    7 松井 稼頭央 選手

    7 松井 稼頭央 選手

    今年は結果がなかなか出ず、控えにまわることが多かったですが、控えの難しさを勉強することができました。
    プロ野球は結果の世界なので、今年の成績をしっかり受け止めていますし、いい経験ができたと思います。
    悔しいシーズンだったので、「来年こそは」という気持ちが強いですし、42歳と思われないように元気な姿を見せたいです。
    来年はもう一度レギュラーを獲り、優勝がしたいです。

  • 11/19

    41 青山 浩二 選手

    41 青山 浩二 選手

    今年はプロで11年やってきて、一番きついシーズンでした。
    二軍に1ヶ月半いて気付いたことがありましたし、今思えばいい時間になったと思います。
    ここ数年、チームの成績もよくないですが、来年は優勝するための戦力としてチームの力になりたいです。
    来年は集大成として自己ベストの成績を残したいので、中継ぎとしてホールドのタイトルを獲りたいです。

  • 11/19

    47 大塚 尚仁 選手

    47 大塚 尚仁 選手

    今シーズンは一軍で全然投げられなかったので悔しいシーズンでした。
    来シーズンは危機感を持って臨みたいです。
    フォアボールで崩れることが多かったので、その課題を克服し、春のキャンプはしっかり準備して入り、どんどんアピールしていきたいです。

  • 11/19

    50 入野 貴大 選手

    50 入野 貴大 選手

    今年は戦力にならなかったので不甲斐ないシーズンでした。
    ファームではできるのに、自分のピッチングを一軍ですることができませんでした。
    来年はあとがないと思いますので、危機感を持って、厳しい状況でも力を出してチャンスを掴みたいです。
    7、8回のショートイニングをしっかり投げるセットアッパーとして50試合以上投げることが目標です。

  • 11/19

    94 柿澤 貴裕 選手

    94 柿澤 貴裕 選手

    今年の結果に満足せず、来年が勝負の年だと思って、春はキャンプからアピールして頑張りたいです。
    今年は、二軍で試合に出させてもらって自信が持てたシーズンでしたので、来年は一軍の枠を勝ち取るために自分からどんどん仕掛けていきたいです。
    今年のドラフトの大卒が同級生になるので、負けたくないですし、その気持ちを忘れずに頑張りたいです。

  • 11/13

    22 戸村 健次 選手

    22 戸村 健次 選手

    今シーズンは、何もしていないので悔しい思いをしました。
    自分自身、初めての怪我だったので大変な面もありましたが、逆に考える時間もできたのでプラスになったととらえています。
    手術した肘の具合は怪我をする前よりも状態がいいので、来シーズンの自分に期待しています。
    自分のできることを一生懸命やり、一軍でしっかり成績を残せるように頑張ります。

  • 11/13

    90 宮川 将 選手

    90 宮川 将 選手

    今シーズンは、しっかり投げることを意識し、支配下登録を目標にやってきました。
    シーズン中に支配下登録され、一軍に上がれたまでは良かったですが、最終的に一軍に残ることができなかったことが悔しかったです。
    肘の調子は良いので、来年は期待してください。1年間、怪我と向き合いながらやっていきたいと思います。

  • 11/13

    29 小関 翔太 選手

    29 小関 翔太 選手

    今年は足立さんに負けた1年でした。
    負けたことに対してしっかり考えないといけないですし、悔しいというよりは自分のことをしっかりやろうと思っています。
    嶋さんに勝つためには一軍にいなければならないので、来シーズンは改めて2番手になり、いずれは正捕手を目指したいです。
    そのためにも、課題はバッティングなので、来シーズンは打つ方で目立ちたいです。

  • 10/28

    51 フェルナンド 選手

    51 フェルナンド 選手

    今シーズンは、一軍での出場機会が、昨年より減ってしまい、とても悔しかったですし、自分の考えをもっと出すべきだったと思いました。
    後半はファームでの成績がすごくよかったのですが、一軍に上がった時にファームでやってきたことが出せず、とても悔しかったです。
    このオフシーズンはウエイトで追い込んで、体を大きくするのはもちろん、野球の動きを取り込んだ練習もしっかりやっていきたいです。
    来シーズンは、自分の長所である長打力を活かして、ホームランを20本打ってレギュラーを掴みにいきたいですし、打って守れる選手になりたいです。

  • 10/27

    24 福田 将儀 選手

    24 福田 将儀 選手

    昨シーズンは67試合に出場しましたが、今シーズンは36試合にしか出ることが出来ず、今まで出来ていたことが出来ずに悔しさの残るシーズンでした。
    今後は、守備と走塁は誰にも負けたくないと思っているので、守備範囲を広げて、どんな打球にもアグレッシブに食らいつけるようにしたいです。
    また、塁に出たら相手に脅威と思われるように、盗塁技術もそうですが、更にスピードを求めていきたいです。
    来シーズンは、3年目になるので、レギュラーをしっかりと取りにいきたいです。

  • 10/26

    66 村林 一輝 選手

    66 村林 一輝 選手

    1年間やってみて感じたことは高校とプロとのピッチャーの球のキレの違いで、その対応が難しかったです。
    また今シーズンは守備面、打撃面とコーチにアドバイスをいただきながら練習をしました。
    その中で、自分の課題が見つかったので秋季キャンプではしっかりと課題をつきつめてやっていきたいです。
    来シーズンは、今シーズンよりもしっかりアピールをしてファームで結果を残し、少しでも早く一軍にあがりたいです。

  • 10/25

    9 オコエ 瑠偉 選手

    9 オコエ 瑠偉 選手

    1年間やってみて、自分の良いところと課題がよくわかりました。
    一軍は同級生でも何人かしか経験をしてないので、いい経験をさせていただきましたし、今年1年は本当に学ぶことが多かったです。
    プレーでだけではなく、プレー以外の全ての面において、学ぶことが多かったので、来年に向けて、ダメなところをしっかり直していきたいです。
    来シーズンも変わらず気合マックスでいきたいと思います。

  • 10/25

    15 小野 郁 選手

    15 小野 郁 選手

    去年より一軍のマウンドで投げられるようになって、去年よりもしっかり投げられたと思います。
    一軍のマウンドで多く投げて課題がわかったので、それを活かして、一軍の勝ちパターンで投げられるように頑張りたいです。
    一軍ではフォアボールが多かったので来年はフォアボールを減らし、三振が取れるピッチャーになれるよう制球を良くしたいです。
    来シーズンは絶対に一軍に定着して、しっかりチームを勝ちにもっていけるピッチャーになりたいです。

  • 10/25

    16 森 雄大 選手

    16 森 雄大 選手

    来シーズン期待しているということを言っていただきました。
    自分自身、今年は何もしていないですし、怪我をしてから感覚が戻らず、自分自身を追い込んでしまうこともありました。
    思い通りにいかない時にどう抜け出すかを試行錯誤した結果、引き出しが増えましたし、時間はかかりましたけど、一つ大きな経験ができました。
    来年は、勝負の年だと思いますし、同級生も入ってくるので負けないように、また、人を見過ぎず、自分を持ってやりたいです。
    大きいことを言える立場ではないですけど、キャンプでしっかりアピールしてローテーションに入り、二桁勝つくらいのつもりで頑張りたいです。

  • 10/25

    36 内田 靖人 選手

    36 内田 靖人 選手

    長距離砲として期待しているので頑張ってくれと言われました。
    ホームランは2本打てましたけど、一軍にいる期間が短かったですし、最後は一軍に上がれなかったので悔しい思いをしました。
    来年に向け、とにかく課題を克服し、日々練習をしてレベルアップをしたいです。
    そして、来シーズンは4年目で勝負の年なので、結果にこだわってホームランを2ケタ打ちたいです。

  • 10/25

    60 古川 侑利 選手

    60 古川 侑利 選手

    今年、後半に一軍に上がった時に、真っ直ぐでバッターに向っていって強いボールを投げるという自分のピッチングができたので、 そういうピッチングが常にできるよう、来年はもっと飛躍できるようにしたいです。
    今シーズンは基本、真っ直ぐ中心だったのですが、来年は変化球でも勝負ができるピッチングスタイルを目指したいです。
    まだまだ練習しなければならないことがいっぱいあるので、倉敷キャンプで課題を克服し、 来年は一軍に定着して、チームを支えられるようにしたいですし、将来的には先発をやっていきたいです。

  • 10/25

    65 堀内 謙伍 選手

    65 堀内 謙伍 選手

    10年後に1億円稼げる選手になって欲しいと言われ、もっと頑張らないといけないと思いました。
    春のキャンプで怪我をしてからリハビリが長かったですが、いろいろな経験をさせていただきました。
    フェニックス・リーグではキャッチャーとしての技術が向上したと思いますので、来シーズンはまず二軍でレギュラーになることを目指して頑張りたいです。
    そして最終的には一軍で正捕手になりたいです。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる