2009/11/02(月)チーム

島田球団社長 オーナー 記者会見

今季全日程終了を受け、本日、島田球団社長 オーナーが記者会見を行いました。
以下、概略をお伝えいたします。

 

島田亨球団社長 オーナー

このたび、野村監督との契約について、今期をもって満了とさせて頂くことになりましたので、ここに改めてご報告をさせて頂きます。
また、野村監督の功績を称え来季より「楽天野球団 名誉監督」としてのご就任を要請させていただき、概ねご承諾いただける方向とのご返事を頂いております。


楽天野球団は、2005年度のプロ野球参入初年度に圧倒的な最下位という結果となりました。
2戦目には対ロッテ戦で0対26という歴史的な大敗を喫し、エクスパンションドラフトの実施されなかったチームの圧倒的な弱さを実感いたしました。
それを受けて我々が目標設定したのは、「強いチーム」をいきなり目指すのではなく、プロ野球として戦える「基礎力」をつけることでした。
その方針の下、2年目からは「人と組織作り」において球界屈指の経験と実績をお持ちの野村監督にチームの基礎作りをお願いいたしました。
説明申し上げるまでもないですが、野村監督の下、チームには「考える野球」が浸透し、一人ひとりが着実に成長をし、掲げていたCS進出という目標を球団創立5年目にして、ついに実現することができました。
あらためて、チームをここまで育てていただいた野村監督に敬意を表するとともに、感謝を申し上げたいと思います。


来季以降は、チームの5年後を見据えて、選手一人ひとりが自走するチームを目指し、新たな体制にて臨んでいきたいと考えています。
卓越した指導力と、長年に渡る多大な経験・実績を基に、若い未熟なチームをここまで育てて頂いた野村監督の功績は、これからも続くチームの歴史から永遠に消えることなく、チームの祖として称えられ続けることと思います。
冒頭に申し上げましたが、野村監督には「名誉監督」として球団の相談役とでも言うべきお立場に立っていただき、引き続きこのチームに対して大所高所からご意見を戴けることを切に希望しております。


来季の監督については、先日、ブラウン監督(前広島東洋カープ監督)に就任のオファーをいたしました。ブラウン氏からは、基本的に監督就任の了解をいただいております。来週には来日して、最終的な契約書にサインする運びになります。
これを受けて、ご本人同席の上、正式発表の場を設けたいと思っています。
その後、ブラウン監督には秋季キャンプの指揮を取っていただく予定です。
野村監督の唱える合理的な、「考える野球」は、メジャー流の野球の考え方を大胆に日本流にアレンジされた要素が強いと思い、その意味からも、野村監督がチームに残された合理的な野球を継承し、ブラウン監督には、その土台の上にチームへ新しい血を導入していただけると考えています。
特に広島カープの監督として、主力選手が流失する中、若い選手を発掘、育成し、チームを常に活性化された、その手腕を楽天イーグルスでも存分に発揮していただきたいと期待しています。


ファンの皆様には、ご報告が大変遅れてしまい、申し訳なく存じます。今後も、何卒ご理解を賜り、引き続き楽天イーグルスへご声援を賜りますようお願いを申し上げます。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる