2012/12/04(火)ろっけん

「東北ろっけん活動」スタート!

東北ろっけん活動

東北の皆さまに愛されるチームに成長し、真の「東北の球団」を目指して、「東北ろっけん活動」をスタートします。

■立花 陽三 代表取締役社長 コメント

立花 陽三代表取締役社長

「東北ろっけん活動」とは、東北楽天ゴールデンイーグルスが、野球をはじめとしたスポーツ振興・青少年の育成、並びに東北各地の地域活性化に貢献することを目指して行う活動です。各地域に根差した活動を通じて、1人でも多くの東北を愛する県民・ファンの方に親しまれ、そして誇れる「東北の球団」を創り上げていくことが、「東北に唯一あるプロ野球球団としての使命」であると考えております。これまでも、関係各位の多大なるご尽力により、野球を行う子供達を対象とした野球塾、小学校児童を対象とした未来塾、幼稚園・保育園園児を対象としたフレンドシップジャーニー、東北各地の野球場を対象としたフィールドサポートプログラム等を実施して参りました。今後、東北に根を下ろし、地域振興に寄与できるよう東北6県各地での活動を拡大し、チーム一丸となって取り組んで参りたいと考え、ここに、「東北ろっけん活動」の開始を宣言いたします。改めまして、今後とも、温かいご声援のほど、何卒宜しくお願いいたします。

■「東北ろっけん活動」の活動内容

野球塾

野球塾

小中学生を対象として、元プロ野球選手のジュニアコーチが、野球の基礎的な指導を行うプログラムです。東北地方において野球に関連する様々な行事を展開することで野球への関心や興味を深めるきっかけを作り、さらには、楽天イーグルスへの愛着を感じていただくことを目的としています。2015年までに通算600回の開催を目指す他、これまでに開催した野球塾と合わせて、東北の全ての市町村の児童を対象にして開催することを目指して参ります。

未来塾

未来塾

子供たちに「夢」や「目標」を持つ大切さを伝えたい!元プロ野球選手のジュニアコーチまたは東北ゴールデンエンジェルスが小学校を訪問し、夢や目標を持つことの大切さについて講演を行うプログラムです。2009年から始まり、これまでは宮城県内の小学校を主要な対象としてきましたが、これからは東北6県の小学校及び中学校に対象を拡大して実施する予定です。

「未来塾」の活動実績

フレンドシップジャーニー

フレンドシップジャーニー

楽天イーグルスのマスコットキャラクターであるクラッチ・クラッチーナが、幼稚園・保育園・保育所に遊びに行くプログラムです。これまでは宮城県内の施設を対象としてきましたが、これからは東北6県に対象を拡大します。

「フレンドシップジャーニー」の活動実績

フィールドサポートプログラム

フィールドサポートプログラム

東北各地の球場の愛称に、「楽天イーグルス」の名称及びチームロゴを使用いただき、同球場で年1回以上の野球塾を開催するプログラムです。現在、「楽天イーグルス」の名称が付いた球場が東北6県で14ヶ所に誕生しておりますが、今後とも、各自治体の皆さまと協力しながら、さらに拡大できるよう取り組んで参ります。

「フィールドサポートプログラム」の活動実績

「東北ろっけん活動」は、上記の活動内容に限らず、東北の地域活性化のためスポーツ振興及び青少年育成に貢献する活動を今後も実施していきます。

東北ろっけん活動

ろっけん一覧へもどる ニュース一覧へもどる