2019/11/24(日)チームイベント

今江敏晃選手、戸村健次選手、西宮悠介選手引退セレモニー

11月24日(日)「楽天イーグルス ファン感謝祭2019」で、今シーズン限りで現役引退を表明した今江敏晃選手、戸村健次選手、西宮悠介選手の引退セレモニーを開催いたしました。

今江敏晃選手 ご挨拶

まずはじめに、このような舞台を用意していただきました球団関係者皆さまに、心より感謝申し上げます。
そしてこの寒い中お付き合いいただいています、チームメイト、ファンの皆さまありがとうございます。
本年をもって、私、今江敏晃は18年間の現役生活を終え、引退します。
高校を卒業してプロの世界に入り、この世界でどうやればやっていけるか、一流になれるか、毎日もがき、考えここまでやってきました。プロ生活の中でたくさんの指導者の方々、偉大なる先輩方、高めあってきた同級生、可愛い後輩たち、スタッフの皆さん、ファンの皆さんと出会うことができ、今こうして振り返ってみると、僕は本当に人に恵まれたとあらためて思います。

プロの道に導いてくれた千葉ロッテマリーンズ、育てていただいた指導者の皆さま、チームメイト、スタッフ、ファンの皆さまには、本当に感謝しています。その中で2005年、2010年の日本一、熱い熱い応援、今江コール、今でも忘れません。本当にありがとうございました。
そして熱い思いで迎え入れてくれた楽天イーグルス。被災された方達を喜ばせたい、日本一の喜びを分かち合いたいと思いやってきました。期待に沿うことはできませんでしたが、こうして東北の皆さんと出会えたことを本当に感謝しています。素晴らしいチームメイト、スタッフ、いつも温かい声援を送ってくれた楽天イーグルスファンの皆さんと出会えたことが僕の財産です。本当にありがとうございました。
そして、ここまでやれる体に産んで育てくれた両親。『プロ野球選手になりたい』という僕を全力でサポートし、支えてくれた両親には本当に感謝しています。母は10年前に他界しましたが、今日もこの空の上から見守っていてくれてると思います。おやじ、おかん、本当に今までありがとう。
そして僕の大切な家族、妻さちこ、息子りくと。
妻とは19歳の頃に出会い、ここまで一緒に闘ってくれました。苦しい時も嬉しい時も心が折れそうな時も、常に今江敏晃を最優先に考え支えてくれました。妻がいなければ今の僕はないと思っています。さち、本当にありがとうございました。
そして息子のりくと。父親らしいこと、全然やってやれなくて本当に申し訳なく思っています。でもこうして大きくなって、勉強、野球に取り組む姿勢。離れて暮らすようになってからお母さんのこと守ってくれていた姿を見ると、本当にたくましく思います。りくと、ありがとう。
さち、りくと、現役生活は終わってしまうけれども、これからもよろしくお願いします。
そしてこれまで今江敏晃に関わってくださったすべての方々、本当にありがとうございました。
最後になりますが、これから楽天イーグルスはたくましく、強くなっていきます。僕もコーチとして素晴らしい選手を一人でも多く育てていけるようにがんばりますので、これからもよろしくお願いします。
18年間、本当に、本当に、ありがとうございました

今江敏晃選手 引退ムービー

戸村健次選手 ご挨拶

本日はこのような場を用意していただきまして、球団関係者の皆さまならびに選手の皆さま、そして本日お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございます。この場をお借りいたしましてご報告とご挨拶をさせていただきます。
私、戸村健次は今シーズン限りをもちまして現役を引退することを決めました。
思い返せば10年前、ドラフト1位という高い評価をいただいてこのプロ野球という世界に入ってまいりました。しかしながら、その評価に見合うような大きな成績を残すことができず、ファンの皆さまに喜んでいただけるような試合を数多くお見せすることができませんでした。今とても悔しい気持ちでいっぱいです。なんとかこのプロ野球という世界で生き残っていきたいという思いで必死に挑戦して参りましたが、気づけばこの10年間、楽しいと思うようなことはほとんどありませんでした。ですが、もう、あの登板前の緊張感や試合中の熱気を感じることができなくなるのだと思うと、とても寂しいです。

また私は、ファンの方との距離をとても大事にしてきました。これまで応援してくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。皆さまの期待には、ついに応えることはできませんでしたが、私はここ東北が、宮城が、そして仙台が大好きです。あの震災から立ち上がった東北の皆さまの強さや勇気、楽天イーグルスが初優勝した時の東北をあげての盛り上がりや熱さ、そしてチームがどんな時でも大きな声援をくださった優しさや思いやり、そういったものを選手として一番近くで感じることができて、私は本当にこの楽天イーグルスに入団することができてよかったと心からそう思います。
戦力外通告を受けた時、私は他球団での現役続行を希望しておりました。しかしこうして引退を決断してみると、生え抜きとしてこの楽天イーグルスでプロ野球生活を終えることができることは、本当に幸せなことなんだと、改めてそう思います。そしてそのプロ生活を一番近くでいつも支えてくれた家族、特に妻には本当に感謝してもしきれません。今後私の第二の人生が始まりますが、次は私が家族を、そして妻を支えていく番だとそう思っております。
最後になりますが、今後につきましては、とてもありがたいことに、またこの楽天イーグルスでお世話になることになりました。裏方としてで陰ながらではございますが、全力でそして情熱をもってこのチームを支えていきたいと、そう思っております。まだまだこのチームは強くなります。是非今後とも楽天イーグルスをずっと応援してください。
10年間、この楽天イーグルスで野球ができて本当に幸せでした。「困った時のトム」と呼んでくれて嬉しかったです。本当にありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。

戸村健次選手 引退ムービー

西宮悠介選手 ご挨拶

本日引退セレモニーという場を設けてくださいました、球団関係者の皆さま、本当にありがとうございます。
今季で引退することを決めました。
入団してから6年間、至らぬ点もありましたが、監督を初め、コーチ、選手、球団関係者の皆さま、温かいご指導をありがとうございました。
そして、球場まで足を運んでいただき、応援してくださいました、楽天イーグルスファンの皆さま、本当に感謝しております。
プロ野球選手という中で、多くのことを学ばせていただきました。この経験は今後、僕にとって貴重な財産になると思います。

そして、この経験を糧に来年からはチームのバッティングピッチャーとして、チームの為に手助けできたらと思います。
最後になりましたが、6年間本当にありがとうございました。

西宮悠介選手 引退ムービー

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる