2019/10/28(月)チーム

銀次選手 国内FA権を行使せず残留を表明!

10月28日(月)国内フリーエージェント(FA)権を保有している銀次選手が、権利を行使せず楽天イーグルスに残留することを表明いたしました。

銀次選手 記者会見

銀次選手 挨拶

東北のために自分ができることはここ(楽天イーグルス)でプレーすることだと思いました。
ほんの少しの力かもしれませんが、もっと東北を熱くしたいという思いがすごく強かったです。ただそれだけです。

一問一答

記者:
残留の決め手を教えてください。
銀次選手:
やはり東北に残り、いろいろなことは起こってますが、自分はここで野球をして、元気、勇気をちょっとでもいいので、(ファンの方へ)与えたいというのはありました。
記者:
常々東北のためにとおっしゃる銀次選手ですが、今年は台風の被害もあり、東日本大震災のことでも被災地の球団として頑張っておられます。改めてその思いをお聞かせください。
銀次選手:
3.11(東日本大震災)から始まって、最近また(台風被害など)いろいろなことが起こっていますが、(被災し)すごく苦労をしている方もいると思いますし、その中で自分がしっかり、一生忘れることなく、野球で元気にしたいという気持ちだけです。
記者:
今回の残留を球団に伝えたときには、どんな言葉がありましたか。
銀次選手:
(球団に)残って頑張ってほしいということは、すごく熱く伝わりました。
記者:
決断にあたり、どなたにご相談されましたか。
銀次選手:
まず家族を一番に考えて、相談しました。
記者:
ファンの皆さんにとっても、銀次選手が残留を決断したことは大きなことだと思います。東北のファンの皆さんに思いをお聞かせください。
銀次選手:
(ファンの方は)すごい熱い応援をしてくれていますし、お客さんもたくさん入ってくれますので、本当にうれしいです。まだまだこれから(チームは)強くなるぞというのを、もっともっとファンの方々に見て欲しいと思います。
記者:
来シーズンでプロ15年目になります。楽天イーグルスで闘う意気込みをお聞かせください。
銀次選手:
自分が中心となり、東北出身者としても、みんなを引っ張っていけるように、もちろん優勝を目指しやっていけたらと思います。東北のみんなと、そして応援してくれるみんなと一緒に、優勝を目指して頑張りたいと思います。

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる