2019/08/02(金)第15回戦

楽天イーグルス vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 9 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 2 3 0 0 0 0 0 X 5 10 1

18:00試合開始|楽天生命パーク
第15回戦 6勝8敗1分|観客数:25,556人

ハイライトムービー

楽天イーグルス vs. 千葉ロッテ @楽天生命パーク

美馬選手 ヒーローインタビュー

記者:暑い中での登板となりました。今日のピッチングを振り返ってみていかがでしたでしょうか。
美馬選手:初回が全てかなと思います。やはり野手の選手に助けてもらって流れに乗れたのが一番です。

記者:今日はピンチを背負いながらも要所を締めるピッチングになったと思いますがいかがでしょうか。
美馬選手:結果的に1点で抑えられたというのが勝ちに繋がったと思うので良かったと思います。

記者:3回までに5点の援護点がありましたが、その辺りはいかがでしょうか。
美馬選手:でかいです。本当にいつも先制点を上げられて、返してもらってといった感じだったのですが、先に取ってもらってすいすい投げれたということが野手の皆さんのおかげです。ありがとうございます。

記者:チームは6カード連続初戦を取りました。そのカード頭で投げている美馬選手の活躍も大きいと思います。
美馬選手:負けてないということが一番なのですが、勝ててることが一番嬉しいです。ありがとうございます。

記者:夏休み中、球場には多くの子供たちも詰めかけています。そんな子供たちにメッセージをお願いしたいのですが、どうしたら美馬選手みたいになれますでしょうか。
美馬選手:それは僕に言っているということはそういったことなのですかね。身長のことで。まだまだプロ目指せると思います。僕でできているので頑張ってください。僕も頑張ります。

渡邊佳選手 ヒーローインタビュー

記者:2回裏1アウトランナー2塁で打席が回ってきました。どんな意識で臨みましたでしょうか。
渡邊佳選手:初回、取れないボールを声出して(取ろうとして)取れなかったので、美馬選手に申し訳なかったのでなんとしてでも先制をあげたかったので、美馬選手にと思って打ちました。

記者:打った瞬間の感触はいかがでしたでしょうか。
渡邊佳選手:良かったです。

記者:前のカードの札幌ドームでもタイムリーを打ちました。ここぞの一本が光ってますね。
渡邊佳選手:チャンスで打てているのはいいことだと思うので良かったです。

記者:ここのところ先発出場も増えてきました。存在感も増していると思います。
渡邊佳選手:毎日爪痕を残そうと思ってしっかりとやっているので結果を残せて良かったです。

記者:渡邊佳選手からも子供たちに一言メッセージをお願いします。
渡邊佳選手:僕でできているので大丈夫だと思います。野球も大事ですけど勉強も頑張ってください。

記者:チームは10連戦の真っただ中、明日もゲームがあります。ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
渡邊佳選手:暑い中応援していただいているので、僕たちも頑張るのでたくさんの熱い応援よろしくお願いします。

平石監督 インタビュー

記者:序盤に打線が繋がりました。見事な攻撃を見せてくれましたが、平石監督からご覧になっていかがでしたでしょうか。
平石監督:相手の二木選手にはやられることも多かったので、先に点が欲しいと思っていたのですけど、よく渡邊佳明が打ってくれて、そのあと堀内で2点を取れました。またそのあとも2アウトから島内が貴重な3点目を取ってくれて、銀次も続いてくれて、あの2アウトからも大きかったですね。

記者:特に渡邊佳選手の4試合連続のスタメン起用に応えて、これで得点圏打率は5割という数字なのですけれども、最近の成長、平石監督からご覧になっていかがでしょうか。
平石監督:例えば1、2打席目でタイミングがちょっと遅かったりすることもあったのですけども、そこを試合の途中で修正したり、今日もそうでしたが、そこの修正能力といいますか、あとは狙い方だったり、毎回上手くいくわけではないのですけども、その辺の高さは感じますね。

記者:特に攻撃で、チャンスで、早いカウントからの積極的なスイングというのが目立ちましたけれども、その辺は(ベンチからの)指示通りだったということなのでしょうか。
平石監督:二木選手はちょっと特殊なピッチャーですので、なかなか見極めようと思っても、ボール球や低めの球を我慢したりできればいいのですけど、軌道とかいろんなものが普通のピッチャーとはちょっと違う特殊なピッチャーですので、とにかくその狙い球ですね、しっかりそれがくると思ってバッターは信じていってくれたと思います。

記者:投げた美馬選手も粘りのピッチング。ピンチを背負いましたけど、ベンチからご覧になっていかがでしたでしょうか。
平石監督:先制点が取れて、そのあとにちょっとエラーが出てしまいました。確かに芝生と土の間ちょうど(ボールが)バウンドして、打球の速度が変わった部分もあったのですけど、野手のミスを美馬がよく1点で凌いでくれたのではないかと思います。

記者:今回は4連戦同一カードになりますけれども、初戦を取れて、明日以降の闘いに向けて一言お願いします。
平石監督:まず何とか初戦を取りたいと思っているのですけど、今日は勝てましたので、またしっかり明日準備して、とにかく勝つためにやっていきたいと思います。