2019/06/11(火)第1回戦

楽天イーグルス vs 東京ヤクルト

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東京ヤクルトスワローズ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 6 0
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 2 0 1 0 0 0 X 3 8 0

18:00試合開始|郡山
第1回戦 1勝0敗0分|観客数:12,250人

塩見選手 ヒーローインタビュー

記者:ナイスピッチングでした。
塩見選手:ありがとうございます。

記者:ご自身はここ福島、郡山でのマウンドが初めてという事でしたがどんな意識でしたか。
塩見選手:投げやすかったです。

記者:「投げやすかった」というお言葉がありますが、やはり塩見選手のタオルを掲げて下さっている楽天イーグルスファンの皆さんの声援が大きかったのではないでしょうか。
塩見選手:応援して下さりありがとうございます。

記者:改めて今日は7回1失点3勝目、5回には3者連続三振もありました。ピッチングを振り返って下さい。
塩見選手:今日はストレートの走りがあまり良くなかったので、変化球中心で低めに丁寧に投げる事ができたと思います。

記者:そしてお隣にいるブラッシュ選手の先制タイムリーもありましたが、序盤での援護というのも大きかったのではないでしょうか。
塩見選手:盛岡の時もブラッシュ選手に打ってもらったので良かったと思います。

ブラッシュ選手 ヒーローインタビュー

記者:3回2アウトで迎えた先制のチャンス、どんな狙いでしたか。
ブラッシュ選手:浅村選手が塁に出て、それよりも塩見選手が非常に良いピッチングをしていたので、なんとかここで返そうと、そのような意識で打席に入りました。

記者:「塩見選手の為にも」というお言葉もありましたが、あの場面はインコースを攻められて非常に厳しいコースだったと思うのですが、タイムリーを振り返っていただけますでしょうか。
ブラッシュ選手:非常にインサイドを厳しく攻められていたのですが、あの場面でなんとしてでも点が欲しかったですし、結果は打点だったのですが、塁に出る。フォアボールを取る。なんでもいいので、とりあえずチームの為に何かできる事はないか。そのような気持ちで打席に入りました。

記者:その結果が先制タイムリーに繋がりました。そして塩見選手からのお言葉もありましたが、盛岡に続いて、塩見選手とお立ち台に上がるのは今日が2回目という事になります。改めて塩見選手のピッチングをどうご覧になられていましたでしょうか。
ブラッシュ選手:今日は前回に引き続き非常に良いピッチングをしていましたし、中5日ではなく、もっと毎日投げても良いのではないかと思うくらい非常に良かったです。ナイスピッチングでした。

記者:これでチームは3連勝という事になりました。次への意気込みをお願いします。
ブラッシュ選手:郡山の皆さん、今日は応援ありがとうございました。引き続き頑張って勝っていきたいと思いますので、声援をどうぞよろしくお願いします。