2019/06/09(日)第3回戦

中日 vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 3 0 2 0 0 0 0 5 7 0
  中日ドラゴンズ 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 9 2

14:00試合開始|ナゴヤドーム
第3回戦 2勝1敗0分|観客数:35,087人

銀次選手 ヒーローインタビュー

記者:まずはあの打席を振り返っていただきたいのですが、1アウトランナー満塁でした。どんな気持ちで打席に入りましたか。
銀次選手:必死にランナーを返すように積極的に打ちにいこうと思っていました。

記者:抜けた瞬間のお気持ちはどうでしたか。
銀次選手:打った瞬間コースが良かったので、抜けると思いました。

記者:そのヒットでNPB通算1000本安打達成です。そのお気持ちはどうでしょうか。
銀次選手:ほっとしている事とこれがまた通過点という事で頑張っていきたいと思います。

記者:ベンチに帰って監督やコーチ、ナインに何か声をかけられましたか。
銀次選手:いえ。特になかったです(笑)。いつも通りでした。

記者:この1000本積み重ねてきました。どなたに一番気持ちを伝えたいですか。
銀次選手:自分を昔使ってくれた星野仙一さんに凄く感謝しています。そこからまた今日1001本目のヒットが出たので1001(仙一)だけに凄く嬉しいです。

記者:1001本目も出ました。1000安打は通過点だともおっしゃっていましたが、次の目標を教えてください。
銀次選手:あと999本打てるように、日々努力して頑張っていきます。

記者:チームは交流戦5割復帰、まだまだ交流戦の戦いは続いていきますが、最後に楽天イーグルスファンの皆さまにメッセージをお願いします。
銀次選手:まだまだ明日に続くので、みんな一丸となって熱い試合をしていきたいと思います。