2019/05/08(水)第7回戦

楽天イーグルス vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 5 1 0 1 0 0 0 0 0 7 9 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 2 1 0 0 2 3X 8 15 1

13:00試合開始|楽天生命パーク
第7回戦 3勝4敗0分|観客数:25,085人

ハイライトムービー

楽天イーグルス vs. 福岡ソフトバンク @楽天生命パーク

辰己選手 ヒーローインタビュー

記者:1アウト満塁という場面でした。あの打席、今振り返ってみていかがでしょう。
辰己選手:ずっと得点圏で打てていなかったので、ものすごい声援が後押ししてくれました。ありがとうございます。

記者:そのタイムリーを含めまして今日は3安打猛打賞です。ご自身のお気持ちはいかがですか。
辰己選手:一回二軍に落ちて悔しい思いをしたので、なんとか結果を残したいなという気持ちで臨みました。

記者:その一軍に上がってきてホームでの試合、サヨナラヒット。この大観衆は改めていかがでしょう。
辰己選手:文句ないです。

記者:チームはこれからも戦いが続きます。これからの戦いに向けて一言お願いします。
辰己選手:本当に目標は一つしかないので。リーグ優勝。…二つか。日本一。その二つをしっかりファンの皆さまと楽天イーグルス一丸となって目指していきたいなと思うので、応援よろしくお願いします。

監督インタビュー

記者:令和最初のホームゲーム、まさに劇的なサヨナラ勝ち。どんな風にご覧になったでしょうか。
平石監督:序盤に辛島がバランスを崩したりして、中々コントロールできない中で本当に苦しい展開だったのですけれど、その後の戸村がしっかり投げてくれて、高梨も最後三者連続三振で。打線の方も諦めずに1点ずつ積み重ねてくれた結果が最高の形になりました。

記者:その打線の部分。9回について伺いたいのですが、本当によく繋いだなという9回でした。どうでしたか。
平石監督:浅村も良い当たりだったのですけれど正面をついて。ただ、島内から本当にみんなよく繋いでくれて。最後は本当、辰己がよく打ちました。

記者:辰己選手に託したという形だったと思うのですが、どんな思いで送りだしたのでしょうか。
平石監督:追い込まれるまでは中途半端なバッティングではなくて、辰己が勇気をもって打ってくれればいいなと思っていたのですけれど、本当に見事なバッティングでした。

記者:今日は銀次選手が5安打、ブラッシュ選手が2本のホームランにタイムリーと、本当に収穫の多い打撃の結果だったと思うのですがどうでしょうか。
平石監督:ホームに帰ってきて、序盤に離されて本当に皆さんにもどかしい思いがあったと思うのですけれど、選手は全然諦めていなくて。良い姿でまだ行けるとやってくれていたので。本当に見事だったと思います。

記者:前回苦戦した高橋礼選手に対して、特に2回のウィーラー選手のフォアボールなど粘りというところ、大きかったのではないかと思うのですが。
平石監督:本当に相手の高橋礼選手は、うちだけではなくてこれまで投げた試合もどのチームにもあまりヒットが出ていなくて。ただ、フォアボールという事に関してはヒット以上に出ていたので。それは事前のミーティングでスコアラーであったりバッティングコーチとも話をしていたのですけれど。球数も投げさせてくれて良かったのではないでしょうか。

記者:戸村選手は去年の5月22日以来の一軍マウンドになったわけですが、4回を無失点。素晴らしいピッチングだったと思うのですが。
平石監督:戸村は真っ直ぐもそうなのですが、カットボールであったりシュートであったり、横の揺さぶりが出来るピッチャーで。正直そんなにコントロールは良くないですけれど、逆に荒れ球というのが相手が嫌なところでもあるので。明日もあることですし、思い切って投げてこいと言って送り出したのですけれども最高のピッチングをしてくれました。

記者:今日は50球以上投げる結果で、明日の登板は難しいというところではありますが、今後の期待する部分、起用はどのようなふうに考えていらっしゃるのでしょうか。
平石監督:そこの役割に関しては、戸村だけではなくて、この前の安樂もそうですし、今二軍にいるピッチャーも含めてみんなで回していこうと思いますので、これからまた話し合って、もう一回整理して今後を決めたいと思います。

記者:明日に向けて一言お願いします。
平石監督:福岡ソフトバンクには前回はやられていましたし、今日はなんとか粘り強く勝てたので、明日も良いピッチャーですけれどとにかく向かっていきたいと思います。