2018/06/12(火)第1回戦

楽天イーグルス vs 中日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  中日ドラゴンズ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 4 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 3 0 0 0 0 1 1 0 X 5 6 0

18:00試合開始|楽天生命パーク
第1回戦 1勝0敗0分|観客数:21,106人

古川選手 ヒーローインタビュー

記者:6回途中1失点、そして2勝目。ナイスピッチングでした。
古川選手:ありがとうございます。

記者:1回、2回とピンチを背負いながらも、3回以降は7つの三振を奪う粘りのピッチング。振り返ってみていかがでしょうか。
古川選手:チームの連敗を止められたということは喜ばしいですが、自身の投球内容はしっかり反省していきたいと思います。

記者:そして初回、隣にいる島内選手のタイムリーヒット、どのようにご覧になっていましたか。
古川選手:本当に助かりました。ありがとうございます。

記者:ご自身は東京ドームでの巨人戦以来の2勝目。そしてホームでは初勝利です。今の感想を聞かせて下さい。
古川選手:すごく声援が力になったので、しっかり投げることができました。ありがとうございます。

島内選手 ヒーローインタビュー

記者:今日は3打点の活躍です。ナイスバッティングでした。
島内選手:ありがとうございます。

記者:まずは初回、2アウト満塁の場面での打席。どのような思いでバッターボックスに入りましたか。
島内選手:一軍で久々の打席だったのですごく緊張しましたが、何とか打てて良かったです。

記者:さらに6回には貴重な追加点となるタイムリースリーベースヒット。どのような思いで打席に入りましたか。
島内選手:古川選手もけっこう頑張って投げていたので、1点取れて良かったです。

記者:一軍に復帰してからの最初の試合でタイムリーヒット2本。ファンはこの日を待っていました。
島内選手:ありがとうございます。

記者:6連戦の初戦、ホームでの試合、最初の試合を勝利で飾りました。ファンの皆さんにメッセージをお願いします。
島内選手:打てたのもこの声援のおかげだと思っているので、本当にありがとうございます。

監督インタビュー

記者:今日、一軍復帰の島内選手が活躍してくれましたね。
梨田監督:そうですね、3打点と良い場面で打ってくれましたし、スリーベースヒットにしても最初のタイムリーヒットにしても、チームにとっても大きな点になりましたし彼の復帰戦で勝てたのでチームも乗っていけるかと思います。

記者:野手4人を入れ替えて、打線のテコ入れが実った感じでしょうか。
梨田監督:まだ、結果は出ていませんけど、ディクソンも粘っていましたし、1本出てもおかしくないような打ち方だったと思います。

記者:先発の古川選手もプロ2勝目でしたが今日は尻上がりの投球でしたでしょうか。
梨田監督:立ち上がりは中日の山井選手も制球に苦しんでいました。2回までで両軍合わせて8個の四球と珍しい内容でしたが、途中からストライクゾーンに来るようになってからは、力で押し切ることができていたと思います。

記者:8回は福山選手がしっかり抑えていましたね。
梨田監督:久しぶりの8回ですが、よく抑えてくれましたが、途中抜けたような球が何球か出たのが気になりました。

記者:山崎選手が一軍の舞台に登場しましたね。
梨田監督:代走からでしたけど。初打席でショートライナーでしたけど、スタメンで使ってみたいと思いました。

記者:明日は、ルーキーの近藤選手が本拠地で初登板になりますね。
梨田監督:そうですね。前回は途中、足が攣ったりしましたが、水分補給をしながらいいゲーム展開をしっかり作ってもらいたいですね。