2016/05/27(金)第8回戦

楽天イーグルス vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2 9 1
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 1 0 2 0 0 X 3 8 0

18:00試合開始|Koboスタ宮城
第8回戦 3勝5敗0分|快晴|観客数:26,786人

塩見貴洋選手 ヒーローインタビュー

記者:久々のヒーローインタビューです。おめでとうございます。
ではまず塩見投手にお話を伺います。ようやく連敗止まりました。いかがですか。
塩見選手:うれしいです。

記者:勝利の瞬間、大歓声が上がりました。
塩見選手:今日動員数が最大らしくて、とても嬉しいです。

記者:連敗9という中で、今日のご自身のピッチングはいかがでしたか。
塩見選手:とにかく先に点をやらないという気持ちで投げてまして、取られたらすぐ取られて、本当に最悪でした。

記者:そうした中でも2失点に抑えられたのはどこが良かったでしょうか。
塩見選手:低めに集めたことが良かったと思います。

記者:立ち上がりキャッチャーの足立選手と首をふる場面があったかと思いますが、ベンチの中ではどんな話し合いがあったんでしょう。
塩見選手:サインのこととかいろいろ話してまして、ちょっと危なかったのを反省して、これからスムーズに行きたいと思います。

記者:やはり本拠地で投げるというのは違いますか?
塩見選手:温かい声援があるので、本当に心強いです。

記者:ファンは巻き返しに期待していると思います。巻き返しに向けてメッセージをお願いします。
塩見選手:これから連勝していったら借金も返済すると思うんで、頑張ります。

銀次選手 ヒーローインタビュー

記者:見事なタイムリーヒットでした。おめでとうございます。
銀次選手:ありがとうございます。

記者:あの場面はどんな思い出打席に入ったんでしょうか。
銀次選手:もう1点入ったらこっちに流れが来るのかなという思いで、入りました。
塩見もいいテンポで頑張っていたので、なんとか1点を取りに行きました。

記者:今日は久々の本拠地でしたしご自身も7番という打順でスタートしました。
かなり強い気持ちを持って今日の試合に望まれたんでしょうか。
銀次選手:監督をはじめ、この二週間本当に苦しい思いをみんながしてきました。
その中で打ててすごくうれしいです。

記者:これで3試合連続のヒットなのですが、打撃は上向いてきたでしょうか。
銀次選手:上向いてます!

記者:交流戦まで残り2試合になりました。意気込みをお願いします。
銀次選手:9連勝目指して頑張りますので、熱い熱い応援をよろしくお願いします!

梨田昌孝監督 インタビュー

記者:今日の勝因はどのように感じてますでしょうか。
監督:選手みんなの気持ちと、ファンの皆さんが連敗中にも関わらずたくさん球場に集まっていただいて。
今日は球団史上最多動員数ということで、その声援が後押ししてくれたと思います。

記者:今日は打順、スタメン、大きく組み替えての一戦でしたが、ゲームを終えていかがだったでしょうか。
監督:吉持選手にプロ入り初ヒットが出ましたし、中川選手や若い選手を起用しながら、ま、うまくいかなかったところもありますが、何よりも勝てたということが一番大きいかなと思います。

記者:勝てた要因として、銀次選手の7番起用が見事にハマりましたね。
監督:5回裏にスクイズを失敗して、6回表にホームランを打たれて点を取られるという流れの悪い中で、しぶとく打ってくれましたね。みんなの気持ちが通じたのかな思います。

記者:ホームランを打たれましたが、塩見選手の7回2失点。これも大きかったのではないでしょうか。
監督:そうですね。7回は気合が一番入ってたんじゃないかな。よく投げてくれましたね。

記者:今日のこの1勝、また明日につなげていきたいですね。
監督:そのとおりですね。マイナスを背負いながらですけど、いいゲームをして勝っていきたいですね。