2008/03/20(木)第1回戦

福岡ソフトバンク vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3 9 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 1 0 0 3 4 8 1

13:00試合開始|ヤフードーム
第1回戦 0勝1敗0分|曇り 14℃|観客数:35,722人

3/20 福岡ソフトバンク戦 レポート

創立初年度以来の開幕戦勝ち星を狙う楽天イーグルス。初回に走塁ミスなどで好機を逸しかけたかに思われたが、2死2塁から4番フェルナンデスのライト前タイムリーで先制。さらに4回には、フェルナンデス、リックの安打などで2死1・2塁とすると、礒部、高須が連続タイムリー2点を追加した。

2年連続自身4度目の開幕投手となった岩隈は、立ち上がりから投球を低めに集めホークス打線を翻弄。6回にワイルドピッチで1点を失うも、7回93球4安打とほぼ完璧な内容。開幕投手の責任を果たした。

2点のリードを継投で逃げ切りたい楽天は、青山、吉崎で8回を凌ぐ。しかし、9回に投入した新守護神ドミンゴが誤算。先頭の多村、松中に連打を許すと、続く柴原に痛恨の被弾。サヨナラ負けで、2008年ペナントレース初戦を落とした。

野村監督 試合後コメント

野村:お見事! 絵に描いたようなさよなら負けだ。
多村のボテボテの当たりがヒットになったところで嫌な予感がした。
ドミンゴでは支えきれないかな。でも、岩隈は投げられたことが収穫だ。

記者:杉内投手を攻略しただけに、余計に勝ちたかったですね。
野村:よく杉内から3点取ったと思っている。だから相当嫌な負け方だよ。

記者:岩隈投手の続投は考えませんでしたか?
野村:無理はさせられないよ。もちろん、完投が一番良いけどね。肘に爆弾を抱えているしな。

記者:ドミンゴ投手が打たれたことで、抑え投手は考え直しますか?
野村:人材不足を嘆いたらいけないけどね。こういう展開ではドミンゴは無理かな。
左の強打者は任せられない。松中や柴原はね。でも、うまく打ったというか、格が違うね。

記者:サヨナラの場面はあっという間でしたね。
野村:3、4球で終わったか?

記者:いえ、7球です。
野村:ほかの選手はそれぞれの役目を果たしてくれた。
1試合で判断していいかわからないが、(ドミンゴ投手は)緊張もあったのかな。

記者:初回の鉄平選手の走塁はサインプレーですか?
野村:あれはサインプレーじゃない。ミスだよ。