2011年7月24日(日) オールスターゲーム Kスタ宮城
嶋基宏選手のスピーチ

嶋基宏選手のスピーチ

あの大震災からたったの1ヶ月半でここKスタ宮城で試合が出来たこと、そして今日ここでマツダ・オールスターゲームを開催できたこと、改めて「ヒトの力」はスゴイ!と感じました。色々な方々のご協力、思いがあって、本日、ここ仙台・東北の地でオールスターを開催することが出来ました。被災地への支援をして頂いた日本中、そして世界中の方々、本当にありがとうございます。東北を代表して御礼を申し上げます。

3月11日、信じられない大災害が起こり、正直野球どころではないと思いました。今、仙台の市街地には元の生活・日常が、徐々に戻ってきましたが、まだまだ復興には時間が掛かります。スタンドの高いところにいらっしゃる方、バックスクリーン後方、海の方をご覧ください。ここからわずか数キロしか離れていない沿岸部では、まだまだ助けを必要としている方々が多くいます。先日、遠征へ行くために、仙台空港へ向かう途中、青々とした光景が見えました。4月7日に僕たちが初めて仙台に戻ってきた時に比べると、一見明るい景色に見えましたが、よく見るとそれは田んぼや畑に無造作に広がっている雑草でした。それが意味することを考えると、やり切れない気持ちになりました・・・。

しかし、生かされている僕たちは前を向いて、自分の人生を切り拓いていく使命があります。「ヒトの力」はこんなものではないはずです。僕たち野球選手の使命は、野球の魅力や、そこから生まれるドラマを通じて、「ヒトの生きる力」に貢献することだと思います。ここKスタ宮城の開幕戦で、僕は「誰かのために闘える人間は強い!」と言いました。ここにいる選手たちは皆、「誰か」のために闘っています。

日本中に感動して頂けるようなプレー、そしてプレーしている僕たちも感動できるような戦いを後半戦繰り広げていきます。一緒に感動を分かちあい、熱くなり、「ヒトの力」を信じて、明日からまた一緒に前を向いて歩いていきましょう。きっと、「できるはず」です。本日は存分にこの「マツダ・オールスターゲーム2011」を楽しんでいってください。