楽天イーグルスボランティアとは

東北楽天ゴールデンイーグルスは、球団創設から目標のひとつである「地域密着の実現」を目指し、地域の方々が球団運営に直接ご参加いただけるよう、ボランティアスタッフ制度を設けています。
プロ野球界で初めてこの制度を取り入れて以来、1試合平均約50名の皆さま、そして男女問わず10代から80代まで幅広い年齢層の皆さまにご活躍いただいております。
スタッフの募集と運営は、環境活動・ボランティア運営、医療活動に実績のある「公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)」「市民スポーツボランティアSV2004」両団体のご協力をいただいております。

活動内容

試合日にスタジアム興行サポートを実施していただいております。ボランティアスタッフの皆さまは、楽天生命パーク宮城の臨場感を味わいながら、お客様をおもてなしし、楽しく活動していただけるのも魅力のひとつです。

エコ活動

  • 場内エコステーション運営(協賛:Rethink PROJECT
  • エコ啓蒙などの環境活動サポート

2021年の様子

試合運営サポート

座席案内、巡回除菌作業など

2021年の様子

メディカルスタッフ

楽天生命パーク宮城「救護室」にて、医師の応急処置のサポート、場内、外周等の巡回業務を行います。
ご来場いただくお客様の安全・安心を支える重要な活動です。
各地の医療従事者の皆さまを中心にご活動いただいております。