2017/01/10 チーム

後藤光尊選手の引退会見について

1月10日(火)、今シーズン限りで引退を表明した後藤光尊選手が引退会見を行いました。

後藤光尊選手 引退会見

記者会見の様子

後藤:
今日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
昨シーズンをもちまして15年間の現役生活に終止符を打ちました。
15年間様々な人に支えてもらい長い間現役生活を続けることができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に15年間、ありがとうございました。
記者:
改めて率直なお気持ちを聞かせてください。
後藤:
昨年10月に戦力外となって、トライアウトを受けてなんとか現役続行の道を模索したのですが、そこまでに至りませんでした。
少し寂しい気持ちが強いです。
記者:
模索した中でも引退を決断したきっかけは何でしょう。
後藤:
現役続行を模索する中で、自分の中では色々な方から1週間がリミットと聞いていましたので、そこを過ぎてからは次の道を探そうと考え、そこで立花社長の方から一緒に働かないかと言っていただいたので、そこで決断しました。
記者:
プロ野球生活15年間を振り返ってみて、込み上げる気持ちはどんなものでしょう。
後藤:
悔しいことの方が多かったです。
1本でも多くヒットを打ちたい。それの積み重ねで15年間やってきました。
数字から見ると大したことはないですが、ヒットを1本でも多く打つために積み重ねてきた努力は自分の中で誇りに思えます。
記者:
悔しいことの方が多いと仰っていましたが、悔しい思い出といったらどんなことでしょう。
後藤:
そうですね、プロ野球選手になってから優勝や日本一といったことに縁がなかったので一度はそんな経験をしたかったです。
記者:
逆に良い思い出といったらどんなことがありますか?
後藤:
15年間やってきた中で様々な指導者に巡り会いましたし、仲間とも巡り会いました。
色々な考えを持っている人たちと考えを交わせる。小さなことですけれど、その中で自分を高めることが嬉しいというと変ですが、できて良かったです。
記者:
ドラフト10位からのスタート。今の自分は想像できましたか?
後藤:
こんなに長くやれるとは思っていませんでした。
入った当時は、自分の中で順位は関係ない、入ってからが勝負だと思っていたのでそれなりにやってこれたなと思います。
記者:
ふるさとが秋田ということで、東北の地でプレーできたことに対する思いはどんなものでしょう。
後藤:
楽天イーグルスに来てから3年間、秋田で試合もありましたし、一度もスタメンで出ることはできませんでしたが、高校時代の友人であったり、高校時代の監督であったり、がんばってるねと言っていただけるようになって。
震災以降少しでもプレーで、僕たちはプレーでしかアピールすることができませんので、少しでも元気を届けたいという思いでやっていました。
記者:
最後にファンに向けてのメッセージをお願いします。
後藤:
15年間ここまで来れたのもファンの皆さまの応援と支えのおかげです。 僕の力になっていました。本当に心から感謝しています。ありがとうございます。

後藤光尊選手 引退会見

後藤光尊選手 引退会見

後藤光尊選手 引退会見

後藤光尊選手 年度別成績



所属球団









































2002 オリックス 39 102 94 11 23 4 3 2 39 8 1 1 4 0 3 1 16 1 .245 .415 .276
2003 オリックス 99 341 318 42 85 15 5 9 137 29 7 11 6 0 10 7 68 5 .267 .431 .304
2004 オリックス 53 179 170 24 44 10 0 1 57 18 4 2 2 0 5 2 24 4 .259 .335 .288
2005 オリックス 105 347 325 49 96 27 2 9 154 42 6 4 2 0 11 9 32 12 .295 .474 .336
2006 オリックス 95 307 290 26 78 14 2 3 105 21 4 0 4 0 11 2 51 2 .269 .362 .300
2007 オリックス 107 337 314 28 80 16 2 10 130 34 5 7 4 3 14 2 26 7 .255 .414 .288
2008 オリックス 115 447 410 52 117 32 0 14 191 57 13 6 7 3 16 11 88 5 .285 .466 .327
2009 オリックス 54 219 208 23 57 12 0 4 81 17 8 3 1 2 8 0 36 4 .274 .389 .298
2010 オリックス 143 632 590 82 174 32 3 16 260 73 2 1 0 2 32 8 96 20 .295 .441 .339
2011 オリックス 130 553 526 54 164 19 4 8 215 55 14 6 0 5 17 5 74 9 .312 .409 .336
2012 オリックス 131 546 520 52 126 21 0 4 159 43 3 2 1 6 14 5 74 8 .242 .306 .266
2013 オリックス 69 271 255 17 62 9 0 3 80 16 1 4 1 1 11 3 41 7 .243 .314 .281
2014 東北楽天 54 141 138 8 28 3 1 1 36 11 0 1 0 2 1 0 38 5 .203 .261 .206
2015 東北楽天 117 444 413 31 98 18 0 9 143 42 13 8 10 4 12 5 48 8 .237 .346 .265
2016 東北楽天 50 138 132 16 33 4 1 2 45 10 2 0 0 1 4 1 30 1 .250 .341 .275
  通 算 1361 5004 4703 515 1265 236 23 95 1832 476 83 56 42 29 169 61 742 98 .269 .390 .301

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる