ニュースNEWS
  • トップ >
  • ニュース >
  • 【がんばろう東北】これまでの支援活動報告 東日本大震災から3年
戻る
チーム 2014年3月11日配信

【がんばろう東北】これまでの支援活動報告 東日本大震災から3年




mixiチェック
東北楽天ゴールデンイーグルス

東日本大震災から3年を迎え、立花陽三社長のコメントをお伝え致します。また、「がんばろう東北」のスローガンのもと、ここまで3年間の支援活動に関して、改めてご報告致します。

■立花陽三 球団社長 コメント

東日本大震災から3年になります。改めまして、震災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に対し、お見舞い申し上げます。昨年は、球団創設初となるリーグ優勝、日本一を達成することができました。ファンの皆さまの声援が選手への大きな後押しとなり、ファンとともにつかんだ大きなタイトルであると思っております。今後も、皆さまに少しでも勇気や元気、喜びを届けていくことが出来れば、嬉しく思います。東北の球団として震災を風化させることがないように、これからも可能な限り支援活動を各地で続けて参ります。ともにこの時を乗り越え、明るい未来に向けて、ともに前に進んで参りましょう。

楽天イーグルスの支援活動

これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動
これまでの活動

■2011年支援活動報告

支援物資等の活動

・3月21日:楽天物流センター(千葉県)で選手・コーチ・スタッフ60名が支援物資の詰め込み
・3月22日:南三陸町へ救援物資をお届け
・3月23日:松島町への支援物資を楽天イーグルス選手会が積み込み
      山元町へ島田亨球団社長(当時)が救援物資をお届け

選手による募金・チャリティー活動

・3月19日:ナゴヤドーム
・3月22日:神戸市:地下鉄三宮駅
・3月23日:鎌ヶ谷スタジアム(千葉県鎌ヶ谷市)
・3月26日:アクロス福岡 チャリティートークイベントへ参加
      【嶋選手・鉄平選手・岩隈選手・永井選手・田中選手】
・3月26日:JR浦和駅周辺
・3月27日:福岡チャリティーイベント参加
      【嶋選手・鉄平選手・岩隈選手・永井選手・田中選手】
・4月2日:札幌ドーム「12球団チャリティーマッチ東日本大震災復興支援試合」
      【星野監督・嶋選手・松井選手・高須選手・ラズナー選手・青山選手・片山選手・田中選手】
・4月3日:札幌ドーム「12球団チャリティーマッチ東日本大震災復興支援試合」
      【星野監督・山﨑選手・小山選手・岩村選手・川岸選手・岩隈選手・鉄平選手・永井選手】
・4月5日:大阪天王寺:近鉄阿倍野「Hoop」
・4月15日:甲子園球場【岩隈選手・青山選手】
・4月16日:甲子園球場【小山選手・田中選手】
・4月17日:甲子園球場【ラズナー選手・永井選手】
・4月23日:ほっともっとフィールド神戸【美馬選手・片山選手】
・4月24日:ほっともっとフィールド神戸【佐竹選手・川岸選手・ラズナー選手・スパイアー選手】
・5月7日:南三陸町「ふれあい野球教室」【川井選手・丈武選手・楠城選手・山本選手】

チーム1勝につき100百万円を震災孤児支援事業に寄付

(1)チーム勝利(66勝分):6,600万円
(2)球場募金・その他寄付金:1,500万円
合計 8,100万円
・宮城県:東日本大震災みやぎこども育英基金
・岩手県:いわての学び希望基金
・福島県:東日本大震災ふくしまこども寄附金

「がんばろう東北」ワッペンの売上金寄付

ファンの皆さまが購入したワッペンの売上が寄附金になるという取り組みで支援活動を促進。
2011年9月11日(日)に3県の代表者へ義援金寄贈のセレモニーを実施。
販売枚数 130,818枚/売上金 3,682万円
・宮城県:宮城県保健福祉部長 岡部敦様
・岩手県:岩手県保健福祉部 副部長 根子忠美様
・福島県:福島県子育て支援担当理事 鈴木登美雄様

監督、コーチ、選手による被災地・避難所の訪問

■星野仙一監督、田淵幸一ヘッドコーチ、佐藤義則コーチ
・4月7日:仙台市立若林区六郷中学校を訪問
・4月8日:山元町を訪問
■4月8日:女川町を訪問
鉄平選手・川岸選手・聖澤選手・美馬選手・岩隈選手・小山選手・岡本選手・銀次選手・佐竹選手
■4月8日:東松島市を訪問
嶋選手・田中選手・土屋選手・平石選手・枡田選手・片山選手・大廣選手
■4月8日:仙台市、名取市を訪問
松井選手・中谷選手・木谷選手・中村選手・岩村選手・高須選手・横川選手・山﨑選手・草野選手

被災地から試合観戦のご招待

20地域から1,477人をKスタ宮城にご招待。試合終了後には選手とのふれあいイベントも実施。
<1軍:ホームゲーム開催日>
■第1回 5月8日:名取市立高館小学校/仙台市若林体育館(避難所) 合計87名
■第2回 6月12日:東松島市 85名/山元町 83名 合計168名
■第3回 7月3日:女川町 75名/石巻地区 87名 合計162名
■第4回 7月17日:南三陸町 40名/南三陸協議会 41名/気仙沼市 79名/気仙沼協議会 40名 合計200名
■第5回 8月7日:多賀城市 113名/名取市 83名 合計196名
■第6回 8月27日:石巻市 合計201名
■第7回 9月11日:福島県相馬市 160名/岩手県陸前高田市 34名/釜石市 40名 合計234名

<ファーム:ホームゲーム開催日>
■第1回 6月4日:陸前高田市内の少年野球チーム3チームとご家族 合計106名
■第2回 6月5日:南三陸町の少年野球チーム4チームとご家族、指導者 合計113名

避難所へのテレビ設置活動

■宮城県
・気仙沼市:気仙沼中学校・気仙沼市総合体育館(ケーウェーブ)
・登米市:旧鱒淵小学校・登米中学校・津山若者総合体育館・旧嵯峨立小学校
・女川町:総合体育館
・石巻市:青葉中学校・日本製紙南光町社宅・渡波小学校
・東松島市:武道館
・名取市:高舘小学校
・仙台市若林区:六郷中学校・若林体育館
・多賀城市:多賀城市総合体育館・多賀城市文化センター
・山元町:山元町役場・中央公民館
・山本町:山下中学校
・亘理町:亘理高校
■福島県
・相馬市:市総合福祉センター(はまなす館)
・郡山市:ビッグパレット

東北ゴールデンエンジェルス 活動一覧

・3月28日:多賀城市立多賀城小学校、多賀城中学校 ストレッチ体操
・4月5日:名取市文化会館(避難所) リフレッシュ体操など ※Jrコーチも同行
・4月6日:山元町立山下中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月7日:山元町立坂元中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月8日:石巻市立渡波小学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月9日:石巻市立石巻中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月11日:亘理町立吉田小学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月12日:亘理運動場(避難所) リフレッシュ体操
・4月13日:亘理町立逢隈中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月14日:南三陸町立志津川小学校(避難所) リフレッシュ体操
      南三陸町ベイサイドアリーナ(避難所) リフレッシュ体操
・4月15日:宮戸島 宮戸小学校(避難所) リフレッシュ体操
      東松島市大塚コミュニティセンター(避難所) リフレッシュ体操
・4月16日:名取市立増田中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月17日:岩沼市総合体育館・陸上競技場(避難所) リフレッシュ体操
・4月18日:石巻市立萩浜中学校(避難所) リフレッシュ体操
・4月19日:宮城野区総合体育館(避難所) ストレッチ体操
・4月20日:六郷市民センター(避難所) ストレッチ体操
・4月21日:福島県猪苗代町3ヶ所(避難所) リフレッシュ体操
・4月22日:石巻市立門脇中学校 楽天たすけ愛のお手伝い
・4月23日~24日:岩手県沿岸部5ヶ所(避難所) リフレッシュ体操
・4月26日:登米公民館(避難所) リフレッシュ体操
・4月28日:山形県 米沢市営体育館(避難所) リフレッシュ体操
・5月13日:石巻市立鹿妻小学校(避難所) リフレッシュ体操
・5月22日:南三陸町志津川高校(避難所) ストレッチ体操&書道教室(書道家参加)
・10月6日:一日警察署長

楽天イーグルス ベースボールスクール ジュニアコーチ 活動一覧

・第1回 あおぞらベースボール:山元町立山下中学校(避難所)
・第2回 あおぞらベースボール:山元町立坂元中学校(避難所)
・第3回 あおぞらベースボール:石巻市立渡波小学校(避難所)
・第4回 あおぞらベースボール:石巻市立石巻中学校(避難所)
・第5回 あおぞらベースボール:亘理町立吉田小学校(避難所)
・第6回 あおぞらベースボール:亘理運動場(避難所)
・第7回 あおぞらベースボール:亘理町立逢隈中学校(避難所)
・第8回 あおぞらベースボール:南三陸町立志津川所学校(避難所)
・第9回 あおぞらベースボール:南三陸町ベイサイドアリーナ
・第10回 あおぞらベースボール:宮戸島 宮戸小学校(避難所)
・第11回 あおぞらベースボール:東松島市大塚コミュニティセンター(避難所)
・第12回 あおぞらベースボール:名取市立増田中学校(避難所)
・第13回 あおぞらベースボール:岩沼市総合体育館・陸上競技場(避難所)
・第14回 あおぞらベースボール:石巻市立萩浜中学校(避難所)
・第15回 あおぞらベースボール:福島県猪苗代町3ヶ所(避難所)
・第16回 あおぞらベースボール:岩手県沿岸部5ヶ所(避難所)
・第17回 あおぞらベースボール:登米公民館(避難所)
・第18回 あおぞらベースボール:南三陸町立歌津中学校 4月26日
・第19回 あおぞらベースボール:山形県米沢市営体育館(避難所)
・第20回 あおぞらベースボール:気仙沼市所沢球場 5月5日
・第21回 あおぞらベースボール:石巻市立鹿妻小学校(避難所)
・第22回 あおぞらベースボール:名取市立愛島小学校(避難所)※書道教室 5月21日
・第23回 あおぞらベースボール:名取市高舘河川グラウンド
・第24回 あおぞらベースボール:七ヶ浜町立赤楽小学校(避難所)

■2012年支援活動報告

チームとして震災孤児支援事業に対する寄付

・宮城県:東日本大震災みやぎこども育英基金【1,000万円】
・岩手県:いわての学び希望基金【600万円】
・福島県:東日本大震災ふくしまこども寄附金【400万円】
※震災孤児、震災遺児の人数から各県への寄付金額を決めさせていただいております。
※寄付元の内訳としては、監督、球団(支援グッズの売上等)、球場募金、お見舞金です。

被災地・避難所の訪問

■楽天イーグルス選手会(1軍27選手)
3月28日:名取市立不二が丘小学校を訪問
共同利用している名取市立閖上小学校を含めた約300人の児童と一緒に体を動かして交流
■東北ゴールデンエンジェルス
12月8日:七郷中央仮設住宅
パフォーマンス披露・ストレッチ体操

被災地から試合観戦のご招待

<1軍:ホームゲーム開催日>
■第1回 5月4日:名取市立不二が丘小学校・名取市立閖上小学校 合計94名
■第2回 6月3日:宮城県・女川町 合計119名
■第3回 6月24日:宮城県・七ヶ浜町 合計119名
■第4回 7月15日:宮城県・気仙沼市 合計115名
■第5回 8月26日:宮城県・塩竃市 合計82名
■第6回 9月9日:宮城県・石巻市 合計90名
■第7回 9月23日:宮城県・亘理市 合計90名

募金活動

■オープン戦開催地 岡山県:倉敷マスカットスタジアム(3月11日)
【松井稼頭央選手・鉄平選手・牧田明久選手・内村賢介選手・ファイターズ選手・審判】
対戦チームの北海道日本ハムファイターズの選手も一緒にスタジアム正面で募金活動
募金金額:195,855円

復興支援試合の開催(ファーム戦)

■8月19日 宮城県・南三陸町:平成のしおかぜ球場(来場数:2,525名)
復興支援試合「がんばろう南三陸デー」を開催。南三陸町民の皆さまをご招待させていただき、試合終了後には選手、楽天イーグルスジュニアコーチによる野球教室を開催。また、両チームの監督と選手は南三陸町にある2つの仮設商店街を訪問した。

がんばろう東北デー

2012年10月4日開催
■無料送迎バス付き観戦ツアー(南三陸町や南相馬市など被災地12市町村を計1,000名を招待)
■がんばろう東北市場(東北の特産品を集めた物産展を開催)
■げんきステージ(ビッキーズ・福原愛さんなど宮城・東北に縁のある方々のステージ)
■復興応援ソング「虹をかけよう」の合唱
■寄付金寄贈セレモニー(宮城県・岩手県・福島県に2,000万円)

■2013年支援活動報告

被災地・避難所の訪問

■東北ゴールデンエンジェルス(ストレッチ体操・野球クイズなど)
・3月2日・3日:宮城県亘理町
・4月25日:福島県郡山市双葉町
・5月17日:福島県郡山市富岡町(w/草野アンバサダー)
・5月25日:宮城県亘理郡山元町
・6月28日:宮城県気仙沼市(グループホーム・児童福祉施設訪問)
・6月29日:岩手県大船渡市
・6月30日:岩手県大槌町
・7月7日:福島県双葉町川内村 ウォーキング大会(w/染谷・溝江ソフトボールスクールコーチ)
・7月15日:宮城県名取市
■草野大輔アンバサダー
・5月17日:福島県郡山市富岡町(w/エンジェルス)
・5月25日:宮城県亘理郡山元町(w/エンジェルス)

被災地から試合観戦のご招待

<1軍:ホームゲーム開催日>
■第1回 4月14日:福島県・相馬市立礒部小学校・相馬市立中村第二小学校 合計109名
■第2回 5月6日:宮城県・気仙沼市立大島小学校・気仙沼市立大島中学校 合計133名
■第3回 6月1日:岩手県・宮古市スポーツ少年団8チーム 合計122名
■第4回 6月21日:福島県・双葉郡川内村 合計140名
■第5回 6月23日:宮城県・南三陸町、亘理町 合計82名
■第6回 7月30日:岩手県・陸前高田市 合計120名
■第7回 8月11日:宮城県・南三陸町 合計158名
■第8回 9月8日:宮城県・名取市 合計91名

<ファーム:ホームゲーム開催日>
■8月31日:岩手県・釜石市 合計120名

震災孤児支援事業に対する寄付

■チーム全体・球団から合計:1,000万円
※寄付金は2012年9月1日から2013年8月31日までの「がんばろう東北」グッズの収益全額と、星野仙一監督・株式会社楽天野球団からの寄付金が含まれます。

■アンドリュー・ジョーンズ選手&ケーシー・マギー選手から合計:270万円
※ホームラン1本に付き、震災孤児への支援金として5万円の寄付を行っているもの。
合計54本塁打分の寄贈(ジョーンズ選手:26本/マギー選手:28本)
<寄付先>
・宮城県:東日本大震災みやぎこども育英基金
・岩手県:いわての学び希望基金
・福島県:東日本大震災ふくしまこども寄附金

がんばろう東北デー

2013年10月3日開催
■東北にゆかりのある方々のライブイベント
・NHK連続テレビ小説「あまちゃん」より優希美青さん・ベイビーレイズ
・ビッキーズ(小川もこ・かの香織・小柴大造・高橋佳生・庄子眞理子)
・庄司恵子さん
・岩手県立久慈高校吹奏楽部(「あまちゃん」オープニングテーマなどを披露)
■ビッキーズによる復興支援ソング「虹をかけよう」の合唱
■打上花火を「がんばろう東北」の願いを込めて実施
■先着20,000名様に「がんばろう東北」応援ボードのプレゼント
■「がんばろう東北商店街」沿岸部を中心にした市町村の特産品を販売
■東北の沿岸地域の方々を対象にした観戦招待
往復送迎バス「がんばろう東北号」を運行し、約500名のお客様をご招待
(気仙沼市・登米市・南三陸町・女川町・石巻市・東松島市・塩釜市・七ヶ浜町・多賀城市・名取市・岩沼市・亘理町・山元町・相馬市・南相馬市の全15市町村)

東北楽天ゴールデンイーグルスは、これからも可能な限り支援活動を各地で続けて参ります。
東北楽天ゴールデンイーグルスの支援活動

  • 夏スタ特設サイトへ
  • カメイ株式会社
  • アイリスオーヤマ株式会社
  • 株式会社全日本空輸
  • 株式会社ヤナセ
  • 那須どうぶつ王国
  • 株式会社フルキャスト
  • 株式会社グリーンハウスフーズ
  • 楽天生命
  • 株式会社ナスキー
  • 株式会社ホットランド
  • 株式会社ドール
  • 野村不動産株式会社
  • 一人ひとりの想いかなえる東北電子専門学校
  • 仙台パルコ
  • 楽天市場
  • 協賛デー
  • がんばろう東北
  • 楽天の森
  • 楽天クラッチ募金
  • 東日本大震災復興支援特設サイト「がんばろう!日本」
  • 楽天たすけ愛
  • パ・リーグTV